新型デリカD:5は王者アルファード/ヴェルファイアの牙城を崩せるか!?

驚きの顔つきになった新型デリカD:5

三菱 デリカD:5 URBAN GEAR

今回のタイトル(お題)を編集部から頂いた時、「気持ちは分かるけど」という心境になったのは、三菱デリカD:5がビッグマイナーチェンジで驚くほど顔つきが変わったから。筆者が実車を見て思い浮かんだのは黒系のボディだったため「ダース・ベイダー」、ネット上では「ひげ剃り」なんて呼んでいる人もいる。

マイナーチェンジでここまで大きくフェイスリフトさせる例はマレで、同社の意気込みの表れともいえるし、そのデザインの好みは別にして、新旧を並べると、より押し出しが効いていて、迫力も満点。

新しさだけでなく、見慣れてくるとスタイリッシュに見えてくるから、ハマった人には、この顔だけでも気になるだろうし、とくにエアロ系の「アーバンギア」は、ドレスアップのベース車としてのニーズも満たしそうだ。

新型デリカD:5、全面改良ではなくビッグマイナーチェンジの理由と魅力とは?

ライバルはアルヴィルよりもノアヴォク

トヨタ アルファード ヴェルファイア(塚田勝弘撮影)

先述したように、新型デリカD:5がアルファード/ヴェルファイア(アルヴェル)に対して、「気持ちは分かるけど」という前提付きだったのは、「クラスが違う」、「アルヴェルが強すぎる」、「訴求ポイントが違う」といった主に3点が理由だ。

デリカD:5は、サイズ的にはノア/ヴォクシー/エスクァイア(ノアヴォク)以上、アルヴェル未満で、ノアヴォクに近い。5ナンバーサイズを基本としたノアヴォクやセレナ、ステップワゴンよりは少し大きいものの、アルヴェルよりもひと回り小さい。

また、エンジンも2.2Lクリーンディーゼルエンジンと、継続販売されるガソリンエンジン搭載車が2.0L、2.4Lとなっている。一方のアルヴェルは、2.5Lハイブリッド、2.5Lガソリン、3.5Lガソリンと、とくに3.5Lガソリンに代表される静かで豪快な加速も魅力だ。

静粛性はもちろん、超豪華なシートや快適装備の充実ぶりなど、ミニバンというカテゴリーには入るものの、高級車そのものといえる仕上がり。ボクシングでいえば、ヘビー級で、デリカD:5はミドル級くらいだろうか。

高級感では別格のアルヴィル

トヨタ アルファード(塚田勝弘撮影)

「アルヴェルが強すぎるから」という点では、日産 エルグランドも販売的には寄せ付けていない状態で、ホンダはエリシオン/エリシオン・プレステージの販売を終了。

広さやシートの豪華さ、「名前」で対抗できるのは、メルセデス・ベンツ Vクラス(現在ディーゼルエンジン仕様は販売停止状態で、限定車のガソリンを導入)くらいだろう。

次ページ新型デリカD:5ならではの魅力とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives