高速道路の料金所でお金が足りない!どうすればいいの?

高速道路でお金が足りなくなった場合、どうしたら良い?

料金所

現在、愛車にはETCを付けているという方がほとんどでしょう。実際、NEXCO東日本のデータでは、平成30年9月のETC利用率は89.9%という結果が出ています。つまり、ほぼ9割の方がETCカードによる決済を利用しているということになります。

スムースに料金所を通過できるのはもちろん、割引によるお得感が大きい料金体系が、ETCの普及を進めたといえます。

とはいえ、出かける際にETCカードを忘れたり、職場のクルマがETCなしだったりと、たまに料金所で現金払いをするケースもあるのではないでしょうか。

その場合には、お財布から料金を支払うのですが、「しまった、持ち合わせが足りない!」となった場合、どうすればよいでしょうか?

ETC2.0は取り付けるべき?ETCとの違いとは?

料金所に着く前に気付いた場合…

SA サービスエリア

料金所で支払う前に持ち合わせが足りないことに気がついたら、迷わず最寄りのSAまたはPAに立ち寄ってみましょう。

現在のSAには、ほぼATMが設置されています。PAは、コンビニエンスストアが入っているところが多く、ここでもATMの設置が期待できます。

とはいえ、そう都合よくSAやPAがあるわけでもなく、また気づかずに目的地まで走り、料金所でお金がないという場面に直面する可能性のほうが高いですよね。

上手く使えばかなりの節約!ETCカードの割引制度やおすすめポイント

料金所でお金が足りない!どうすればいい?

こうした場合は、料金所で持ち合わせが足りない旨を申告してください。

NEXCO中日本のHPのよくあるご質問を見ると、”料金所でお金が足りなかったらどうなるのですか?”との質問に、

『通行料金をお支払いいただく料金所の事務室におきまして、氏名、住所の確認など所定の手続きをさせていただき、10日以内に最寄りの料金所にお持ちいただくか、当該料金所に現金書留で送っていただくことになります。
いずれにしてもお客さまにお手数をお掛けすることになりますので、料金につきましてはあらかじめご確認の上、ご利用くださるようお願いいたします。
なお、東/中/西高速道路株式会社の3社では、現金のほかすべての高速道路及び一部の一般有料道路において、クレジットカードによるお支払いについても可能となっておりますので、どうぞご利用くださるようお願いいたします。』

という説明があります。要約すると

・現金が足りない場合は事務所で手続きをして後払いが可能(10日以内に支払い)
・クレジットカードでも支払い可能

ということです。

こうした情報を知っておけば慌てずにすみますね。

ただし、後払いの場合には注意が必要…

通行料が足りない場合、後払いも可能ですが「10日以内に支払い」と明記されています。これを過ぎた場合、督促状が届きます。また延滞金も加算されますので、支払いは数日中に行いましょう。そもそも、料金所で支払わなければならないコストなのですから…。

一番ベターなのは、やはりETCを装着、またクレジットカードを持っているということです。ただし、首都高速など都市高速ではクレジットカードが使えないので、注意が必要です。

これから出費の多い時期になりますが、財布の中身には気を配り、安全なドライブを楽しみましょう!

いまだに現金払い?ETC払いだと7割以上も安くなるときがあるって本当?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives