新型ジムニー/ジムニーシエラはなぜこれほど人気なのか?ブームに乗って買っても大丈夫?

男女、若年層にも人気

スズキ ジムニー 2018(塚田勝弘撮影)
スズキ ジムニー 2018(塚田勝弘撮影)

これほどの人気なのは、従来からのファンの買い替えだけでなく、新規顧客を集めているからで、デザインやカラーといった女性にも受けそうな要素に加えて、男性には本物感(道具感)が刺さるということもあるだろう。

先代からの乗り替えであれば、オンロード、オフロードともに乗りやすくなったと評価されるはずで、とくにジムニーシエラが1.5Lに排気量を拡大した恩恵は大きく、高速道路を含めてロングドライブも苦もなくこなしてくれそうだ。

ただし、ジムニー/ジムニーシエラの走りを理解していることが前提で、リジッドアクスルのサスペンションの乗り味は、スズキ ハスラーのような独立懸架式のストラット(軽自動車にも多いシンプルな構造)などとは異なり、やはり固定車軸らしく、典型的なクロカン系4WDらしい乗り心地。つまり、タイヤとアクスルが一体に動くヒョコヒョコとした乗り心地になるのは必然といえる。

さらに、ステアリングボックスは一般的なラック&ピニオン式ではなく、ボールナット式。現代の基準からすると、一般的なラック&ピニオン式と比べると、直進安定性で不利になりやすく、逆に応答性に優れ、ドライバーの意に沿ったラインを描きやすい利点がある。

スズキ ジムニー 2018(塚田勝弘撮影)

ジムニー/ジムニーシエラも例に漏れず、こうしたクルマに慣れていない、あるいは、ぼんやりと運転していると、「真っ直ぐ走らない!」と思うかもしれないし、逆に好きな人にはこの操舵感が「これこれ!」となるのではないだろうか。

もちろんこれは、少しの運転ミスが大きな事故になりかねないオフロードや雪道、林道などでは、とくに緊張感を持って運転する必要があり、こうした分かりやすいステアリングインフォメーション、ロードインフォメーションが必須なのだ。

つまり、新型になってもジムニー/ジムニーシエラは、垢抜けたデザインの中身を見てみればそこは本物感、昔からのクルマらしいメカ感が剥き出しで、ファッションで乗るには(少しくらいは)覚悟が必要。高めのフロアによる乗降性も含めて、街中でごく普通に使うのならハスラーに乗った方が使いやすいのは自明の理といえる。

逆にいえば、高いフロアで、遠くまで見渡せる高めのシートポジションは、悪路走破時はもちろん、街中でも前方、左右の見切りのしやすさという利点が得られる。

雪道や林道などはもちろん、街中のちょっとした段差でも躊躇せずに乗り越えられるなどの安心感もある。もし、ブームに乗って買ってみようかなというのであれば、ディーラーで乗り降りや走り、駐車がしやすいかなど、フツーの軽自動車やコンパクトSUVを買うよりも入念に見る必要があるだろう。気に入れば、ずっと乗り続けたくなる相棒になるのは間違いない。

新型ジムニー/ジムニーシエラ 画像

新型ジムニーに関する記事

1,000km乗って見えてきた、新型ジムニーの姿!納車1年以上待ちの人気、本当に死角なしか
新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分
スズキがアツイ!新型ジムニーやクロスビーなど、注目のスズキ車5選

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives