マークⅡからマークXへ。マークXは今後どうなるのか?

マークXのルーツ「マークⅡ」

はじめてマークⅡという名前を関したクルマが誕生したのは、1968年のことでした。当時は、「コロナ マークⅡ」という名前で、コロナの派生車種という位置づけでした。

マークⅡは、モデルなどが新しくなった際にMk-2、Mk-3といった具合に数字が増えていくことに習っており、当時のジャガー Mk-2など高級車としてのイメージを付与する意味で採用されました。

ツインターボやツアラーといったグレードを用意するなど、スポーティなイメージのあるマークⅡですが、当初から最上級グレードにトヨタ 1600GTの後継車となる1900GSSをラインナップするなど、スポーツカーの血統を持つモデルだったのです。

マークXってどんな車だった?

トヨタ マークX 2016

マークXは、それまでトヨタのラインナップにあったマークⅡシリーズの実質的な後継車種としてデビューしました。

2代目マークXには、2.5Lと3.5Lという2つのV6エンジンが用意されていました。なかでも3.5Lエンジンは、300馬力オーバー!となる234kW(318ps)を発揮。プラットフォームは、クラウン(12代目)やレクサスGSを共通のFR用シャシーでした。

この2代目は、2016年に大幅なフェイスリフトを受け、キーンルックを採用。今日的なトヨタ顔となっています。

"X"に込められた意味

マークX

そんなマークXのネーミングに込められた意味ですが、先に述べた通り先代のマークⅡの名前は、コロナの新しいモデルという意味でのマークⅡという意味でした。その「MARK」というワードに『未知数』を意味する “X”を組み合わせることで、計り知れない可能性を感じさせるネーミングであると推察できます。

マークXが初代から2代目に変わったのは5年、さらに2代目にモデルチェンジして5年で大規模なフェイスリフトを受けています。そのサイクルから考えると、2019年がモデルチェンジのタイミングですが、カムリが国内市場に復活したこと、さらにクラウンがモデルチェンジを受けて、若返りを図ったことでマークXの消滅が噂されています。

ニューモデルが登場するのか、はたまた噂通りモデルが消滅するのか、いずれにしてもその答えはもうすぐ明らかになるでしょう。

未知なる可能性に期待せずにはいられませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives