【吉田由美のYou & Me】新型カイエンは紫外線カット100%!女性に嬉しい装備がいっぱい!

ポルシェの大ヒット車種"カイエン"

ポルシェ カイエン 2018年

初代カイエンは2002年に発売されています。サイズは大きめですが、「ポルシェ初のSUV」「SUVでもポルシェの乗り味」なのが好評で、これまでに77万台以上が販売されているポルシェの大ヒット車種。なかでも高級車が多くみられる港区、世田谷区、目黒区、渋谷区といった都心部では目撃率が増加します。

911にしてもケイマンにしても車内は窮屈、という人たちが待ってました!と言わんばかりに飛びついたのが初代カイエンです。人気の理由は、スポーツカーのダイナミクスとツーリングカーの快適性、加えてオフロード性能を併せ持つ5人乗りの万能選手。

さらにラゲッジも広いため、旦那さまが仕事やプライベートで使用しても、ママの足として子供たちの送り迎えに使っても、都内で乗るには少し大きいような気もしますが、それでも人気が高いのは頷けます。

近ごろではランボルギーニやアルファロメオ、ロールス・ロイスといったラグジュアリーブランドやスポーツカーブランドからも魅力的なSUVが続々発売されていますが、カイエンはその風をいち早くキャッチしたと言えるのかもしれません。

新型カイエン、正常進化!

ポルシェ カイエン 2018年

そして3代目の新型カイエン。ハッキリ言ってエクステリアのデザインは大きく変わっている感はありません。いわゆる‘正常進化’です。とはいえ、よく見るとフロント部分もリアも水平ラインが強調されています。さらに全長4,918㎜×1,983㎜×1,696㎜で、先代に比べて全長&全幅がひとまわり大きくなり、全高だけ低くなってより精悍に。

一方、インテリアは大きくイメージチェンジしています。中でもエンタテイメント系は大きな12.3インチの液晶画面がドーン。嬉しいのはタッチパネル式なこと。

これまでのポルシェのクルマはスイッチのオンパレードでしたが、かなり少なくなっています。驚いたのはナビゲーション画面の進化。海の近くをドライブしていた時に、カーナビ画面内の海が波立っているという…。こんなカーナビ画面、今まで見たことない!

新開発ポルシェ・サーフェスコーテッド・ブレーキを搭載

ポルシェ カイエン 2018年

ポルシェと言えば走りの虜になっている人が多いのですが、私はいいクルマの基準はブレーキの効き具合だと思っています。

新型カイエンのブレーキは、新開発のポルシェ・サーフェスコーテッド・ブレーキ(PSCB)を搭載していますが、ブレーキの利きはもちろん、ホイール汚れが少ないブレーキというのが嬉しい。

欧州車はブレーキの利きは良くても、ブレーキダストが多く出るため、すぐにホイールが汚れてしまうのが欠点です。しかしそれを克服したというのです!ホイールが汚れているといくらボディが綺麗でも汚いクルマに見えてしまいます。これはだいぶ嬉しい!

女性には特に嬉しい!紫外線100%カットガラス

ポルシェ カイエン 2018年

そして私が思う嬉しいポイントその2はガラス。防音断熱ラミネートガラスを採用し、赤外線反射と紫外線カット率はなんとほぼ100%!!!これまで紫外線カット99%と謳っているクルマでも、車内では日焼けしてしまうのが玉にキズでした。そのわずか1%で日焼けするのです。

私も何度か自動車メーカーの開発担当の方に「紫外線カット100%のガラスにしてください」とお願いしたことがありますが、「紫外線カット100%だと、真っ黒いガラスになってしまいます」と言われていました。

それがいよいよ紫外線100%カットのガラスが誕生したんですね!これはポルシェはもっと大きく宣伝してもいい話だと思います。女性には特に刺さるアピールになるはずです。さらにこのラミネートガラスは、車内の温度上昇を防ぎ、車内の音も静か、隙間風も減るのでエアコンの使用を減らすことが期待できるし、盗難対策にも効果があるそうです。なんと!いいことづくめ!

さらに今ドキなネタとしては、新型カイエンの約95%がリサイクル可能だとか。これはアルミや再生プラスッチックを多用したからとのことですが、意外にもエコとは無縁そうなポルシェ カイエンですが、意外にも自然派なんですね。驚きました!笑

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives