RX-7やスープラなど…90年代の名車が今でも人気な車7選

①マツダ RX-7

マツダ RX-7 3代目

90年代に人気になっていたRX-7は、通称FDと呼ばれる3代目のモデルです。マツダのロータリースポーツの代表と言えば、このRX-7ではないでしょうか?高回転域まで気持ちよく回るロータリーエンジンは、他のレシプロエンジンスポーツカーとは異なる魅力を持っています。

2002年に廃版となってしまいましたが、現在でも見かける機会が多いクルマです。2019年にロータリーが復活するという噂はありますが、はたしてどうなるのか、注目ですね。

10年、20年後も、"RX-7やスープラはよかった"と車好きは語るのか?
なぜ、RX-8はRX-7直系の後継車ではないと言われたのか?

②ホンダ プレリュード

ホンダ プレリュード 4代目 1991

1991年に発表された4代目ホンダ プレリュードは、前輪駆動(FF)のスペシャリティカーでした。最高出力200psを発揮する2.2L VTECエンジンは非常に高く評価されています。

2000年代に入ると、ユーザーの嗜好の変化により、多くのスペシャリティクーペが廃盤となりますが、プレリュードも例外ではありませんでした。とはいえ、均整のとれたボディデザインとVTECを備えた2.2Lエンジンは、平成の名車として名前を残しています。

シビックに続け!バブル期の名車ホンダ プレリュードの復活は2019年?
昭和はプレリュード、シルビア…平成は?国産モテ車の今と昔

③トヨタ スープラ

トヨタ スープラ

当時のトヨタを代表するFRスポーツカーが、4代目スープラです。1987年から2002年まで生産され、現在でも人気の高い1台で、程度の良いものは400〜500万円で取引されています。

3.0L 直列6気筒ターボというハイスペックっぷりは、現代の国産車ではなかなか見かけることはありません。プレリュード同様スポーツカーブームの低迷により販売終了してしまったモデルですが、まもなくBMWと共同開発された新型がデビューする予定です。

16年ぶりに復活!トヨタスープラの歴史を振り返る
ついにお披露目。新型スープラ市販モデルが走った!

④トヨタ セリカ

90年代に人気となっていたのは6代目のセリカで、4代目以降は駆動方式がFRからFFに変更されスペシャリティカーと呼ばれることも多々ありました。しかし基本性能が高く、当時絶大な人気を持っていました。ソフトトップを備える、コンバーチブルも販売されています。

4代目から6代目までのセリカには、フルタイム4WDを搭載したモデルがラインナップされ、ラリー競技で活躍しました。

⑤ホンダ S2000

ホンダ S2000

ホンダ S2000は、FRのオープン2シータースポーツカーです。デビューは、1999年とスポーツカー衰退間際に販売された車ですが、現在も一定の人気があります。

VTECエンジンで、最高出力250psと痛快な走りを楽しめるスポーツカーにもかかわらず、燃費も意識された車として知られています。

S2000、S-MXなど…インパクト大!1代限りのホンダ車4選
S600、S2000…ホンダの走りの起源はここに!「Sシリーズ」を振り返る

⑥日産 スカイラインGT-R

R33 Skyline GT-R

GT-Rは、日産ブランドで長い歴史を持つスポーツカーです。初期のモデルは、スカイラインの最上級グレードという位置づけでした。

90年代人気となっていたのは、R33と呼ばれる4代目とR34と呼ばれる5代目です。以降のモデルは、スカイラインから独立したモデルとなり、GT-Rという名称に変更されています。

名車スカイラインの生みの親は誰か
ツウの選ぶR32スカイライン、GTS-tとは?GT-Rとの違い

⑦ホンダ NSX

ホンダ NSX 初代

新型NSXが発表され、その高性能ぶりがに話題になっていますが、それは初代モデルがスポーツカーとして非常に評価が高かったからです。

当時は日本唯一のスポーツカーと呼ばれ、フェラーリとも肩を並べるほどのハイパーマシンでした。ボディはオールアルミ製、大部分がハンドメイドで仕上げられていました。

旧型NSXの維持費は?高い?安い?
ホンダ NSX、2018年秋にマイナーチェンジ予定!どのように変わるの?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives