世界に冠たる高級車ブランドの地位へ、キャデラックCT6【試乗記】

世界に冠たる高級車ブランドの地位へ

キャデラック CT6

今やキャデラックにおいても、アメリカではVIPや政府高官のショーファードリヴンにも供用される「エスカレード」や、パーソナルカーとして人気を得ている「XT5クロスオーバー」などのSUVが、ブランドを象徴するモデルとなっていることは認めざるを得ない。

ただその一方で「ATS」や「CTS」などのミドル/アッパーミドルセダンでも、既にグローバルスタンダードにおける優秀な高級モデルという評価を享受しているのだが、キャデラックの保守本流であるプレステージセダンの分野においてもドイツ勢に匹敵、あるいは部分的には凌駕し得るモデルが存在していることを、ここにあらためて訴えたい。

CT6は、キャデラックが世界に冠たる高級車ブランドの地位へと返り咲く日が、もはや決して遠くはないと確信させてくれたのである。

インテリア ギャラリー

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives