【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】超ハイパフォーマンスSUV、モデルX。日常の顔は…

強烈なパフォーマンス、だけど日常は穏やか

テスラモーターズ モデルX 75D 夜間走行

※写真は全てモデルX 75D

その恐ろしいほどのパワーは、誰もが簡単に味わうことができる。ぐっとアクセルを床まで踏み込めば、すぐさま、これまで体験したことのないような恐ろしい加速を始める。風景がまるで早回しの動画のように、後ろに流れていく。普通の人であれば、最初はその加速力に目が追い付かないはず。しっかりとした心づもりが必要なのは言うまでもない。

しかし、そんな強烈なパフォーマンスを備えるモデルXだが、飛ばさない日常の顔は、非常に穏やかだ。全体として、ゆったりとした動きで、いかにもアメリカ車らしいユルさがある。下手をすると、トヨタ・カムリの方がシャキシャキ感があるかもしれない。それほどリラックスして走らせることができるのだ。

しかし、これが、ある意味すごい。超がつくほどのハイパフォーマンスな運動性能を実現するシャシーは、普通であれば締めあげられ、のんびり走ると硬くて困るものだ。また、電池を大量に積むモデルXは重い。しかも、格好良い巨大なホイールとタイヤを履いている。最大で22インチだ。

普通であれば、路面の段差を超えるたびにドタバタとしがちだが、モデルXに「乗り心地が悪い」という印象はほとんどない。アメリカ車の普通の範ちゅうにおさまるはずだ。これがすごい。

モデルXは、人の良いアメリカ人のようなクルマ

テスラモーターズ モデルX 75D 走行

さらに意外に運転がしやすい。ミラーの前に抜けた部分を作るなど、視界がよい。実寸は大きいけれど、走っている限り、あまり大きさは気にならないのだ。ただし、車庫入れなどは、ホイールベースが長いのでコツがいる。

ステアリングやブレーキに悪癖がないのも美点だ。パワフルだが、アクセルの操作に対する飛び出し感はなく、素直に動く。運転支援も充実しているので、高速道路をダラダラと長距離走るときのストレスは非常に少ない。電動車ならではの静かさも、疲れが少ない理由のひとつだろう。

また、テスラ車すべての特徴なのだが、スタートボタンやパーキングブレーキがない。最初は戸惑うが、こうした操作系は、とにかく可能な限りシンプル化されている。ドライバーに優しいクルマなのだ。

つまり、力持ちだけれど、優しくフレンドリー。なんだか、人の好いアメリカ人像そのものをイメージさせる。それがモデルXであった。

モデルXに関する記事

【吉田由美のYou & Me】テスラ モデルXは、“オトナの”エンタテイメント
【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第二章:テスラ・モデルX
【樽見祐佳の“女子流”】「やっぱりガソリン車が一番!」は本当?テスラ モデルXで味わった別次元のドライビング

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives