【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】モデルXに感じた“得体の知れない緊張感”の正体

モデルXの"得体の知れない緊張感”

テスラモーターズ モデルX 75D 3列シート

今回対峙したモデルXには、ドライバーズシートに座った時から、いや、正確には、その特徴的な「ファルコンウイングドア」から後席に収まり試乗ポイントへと移動する時から、得体の知れない緊張感を感じていた。約1,500万円の”高級車”だからだろうか。否、以前サーキットで丸一日楽しんだランボルギーニのおよそ”半額”である。

電気自動車だからだろうか。否、日産のリーフを丸一日ロングドライブに連れ出したこともある。

受け取った時にはすでにバッテリー残量が30%だったからだろうか。否、いざとなればグランドハイアットに駆け込み、1時間半ほどで満充電になるテスラ・スーパーチャージャーの恩恵を受けることができる。

タイヤは4つ。シートは6つ。ハンドルもアクセルもブレーキも備えている。思考が追いつかない程の暴力的な加速力秘めているが、紛れもなくこれは「自動車」であろう。

モデルXで感じた、新興メーカーとしての勢い

テスラモーターズ モデルX 75D 大桟橋

少し、試乗を進めよう。

私は走りを評価する自動車評論家ではないと思っているので、その詳細は彼らに任せるが、バッテリーという重量物が床下に敷き詰められており重心が低いせいもあり、ハンドリングは車重に対してかなりシャープでクイックな印象だ。乗り心地は、大径タイヤのせいかゴツゴツしている。個人的には18インチ程度に抑えエアボリュームを増やし、もう少しマイルドな方向性にしてほしいと感じた。

Aピラーが太く、視界はお世辞にも良いとは言えない。バックミラーも極小で、夜のドライブはあまりお勧めできない…そんなことを考えていたら、運転席脇の小さなモニターが常時側面を映してくれていた。センターディスプレイにリアの映像を映し出すことも可能だ。欠点を補う術をテスラはきちんと用意していたのである。

テスラ モデルX

インテリアに目を移そう。「これでテレビとか見られないの?」。今回同乗者がそう言ったのも納得な、大きなセンターディスプレイはひとたび慣れてしまうと他のものが使えなくなってしまうほど使い勝手に優れている。

車高やエアコンの各種調整も、画面が大きいためワンタップでほとんどの項目を調整できてしまう。タッチディスプレイを多くのメーカーが採用するようになったが、画面サイズに制約され操作が煩雑なので、ここは是非他社にも追従して欲しいところだ。LTEに常時接続され、デフォルトのGoogleマップもとても使いやすかった(極狭の道を躊躇なく選ぶ”攻め”のナビゲーションは相変わらずだが)。

意匠としてのデザインはトピックが少ないので、今回はユーザビリティとしてのデザインを中心に話を進めてきた。センターディスプレイなどのインターフェイスはとても使いやすい。既存の枠に収まらないところに、新興メーカーとしての勢いを感じた。

"得体の知れない緊張感"の正体とは…

テスラモーターズ モデルX 75D ファルコンウイング

このところアメリカでは、テスラの株価のニュースで持ちきりである。イーロン・マスクの発言1つで株価が激しく上下する日が続き、デフォルトの懸念も徐々に高まっている。中には熱狂的なテスラ支持者もいるだろうが、多くの株主にとってテスラはいち投資先に過ぎない。

これまでテスラは、イーロン・マスクの巧みな話術とパフォーマンスで投資を募り、株価をつり上げてきた。その経営手法は、自動車メーカーのそれでなくITのスタートアップ企業のやり方と言っていいだろう。バイアウトの話題が出るのも納得である。

しかし、そのやり方もそろそろ限界なのかもしれない。投資家はシビアだ。利益が出ているかしか見ていない。では、テスラの利益の源泉は何か。もちろんクルマが売れることである。

では肝心のクルマはどうだろうか。確かにセンターディスプレイは使いやすかった。航続距離も申し分ない。スーパーカーも真っ青な加速力である。今回あまりオートパイロットを使う機会はなかったが、テスラによれば、政府の認可が下りればいつでも自動運転ができるハードウェアを搭載しているそうだ。

しかしどこか味気なく、心が揺さぶられないのである。エンジンの脈動がないから、ということではない。まるで冷たいロボットにでも触れているような、そんな感触である。冒頭に記した得体の知れない緊張感は、この冷たさによるものなのかもしれない。

次ページ今後のテスラの課題は何か

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives