BMWの誇る超レアなスーパーカー、M1とはどんな車だったのか

1978年のパリサロンでデビュー

BMW M1 1978

M1という名前から、BMWのボトムグレードである1シリーズをベースにしたMモデルかと思われがちですが、その実態はまったくの正反対。BMWの誇るスーパーカーとしてデビューしたのがこのM1という車です。

1978年のパリサロンでお披露目されたBMW製スーパーカーは、エンジンをミドシップにレイアウトする方式を採用。それまでミドシップを量産したことがなかったBMWは、一部製造をランボルギーニに委託することになり、担当したのはあのランボルギーニ ミウラの生みの親でもあるジャンパオロ・ダラーラだったといわれています(のちにランボルギーニとの提携は解消)。

さらにスタイリングは数多くのスーパーカーを手がけてきたジウジアーロ率いるイタルデザインが担当。この最強タッグの組み合わせによって、BMW初となるスーパーカーの開発が行われました。

BMW TURBO 2000がベースに

無題

心臓部には、3.5L 直列6気筒エンジン。シャシーは、セミスペースフレームを採用。ボディをFRPで形成されたM1のスタイリングは、1972年のパリサロンで発表されたBMWターボ2000(コンセプトカー)を彷彿とさせるウェッジシェイプデザインで、中央にはおなじみのキドニーグリル、ヘッドライトはリトラクタブル式が採用されています。

サイズは、全長4,360mm×全幅1,824mm×全高1,140mmとロー&ワイドなスタイルで、ミドシップに搭載されたエンジンの上にはルーバーを配置、リアエンド左右にはそれぞれBMWのロゴエンブレムが配されています。

M1は、もともとグループ4に参戦するためのホモロゲーションとして開発されたものでしたが、実際にはホモロゲーションの条件となる「連続する24か月の間に月間400台の生産」をクリアすることができませんでした。

スペースフレーム構造やミドシップレイアウトなど、量産には向かない複雑な生産工程がその理由だったといわれています。

希少性の高さも魅力のひとつ

BMW M1

結局M1は、1982年をもって生産が終了され、それ以降BMWがスーパーカーを手がけることはありませんでした。

しかし、いま見てもまったく色褪せない魅力に包まれており、生産台数も450台ほどの希少性も相まって、BMWフリークだけでなく往年のスーパーカーマニアからも特別な1台として認められています。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives