現代のクルマだけどデザインがレトロなクルマ5選

①ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

ホンダ Nシリーズの第3弾、N-ONE(エヌワン)は、1967年に発売されたホンダ初の本格的な乗用車、N360をモチーフとした軽自動車です。

当時のN360は小さくて丸っこいかわいらしいデザインから、「エヌっころ」という愛称で親しまれていました。見た目は小さくても、大人4人がラクに乗れる空間をつくるため、人が乗るところは最大に、エンジンはコンパクトに設計する「マン・マキシマム/メカ・ミニマム」思想に基づいて作られていました。

N-ONEはその思想を受け継ぎ、現代の安全基準と先進装備とともによみがえりました。ラジエーターグリルの両端にちょこんと丸目のヘッドライトが乗ったようなデザインは、N360へのオマージュ。レトロ感があり、かつシンプルでスタイリッシュな造形は、遊び心をも感じさせてくれます。

ホンダ N-ONE 画像ギャラリー

②フォルクスワーゲン ザ・ビートル

VW ビートル 2016

2011年に発表されたフォルクスワーゲンのザ・ビートル(The Beetle)は、1938年に生産が開始されたタイプ1のデザインモチーフを取り入れたモデルです。

VW タイプ1は、当時のドイツ首相アドルフ・ヒトラーが、後のポルシェ創業者フェルディナント・ポルシェ博士に開発を依頼して完成した国民車で、大人4人を乗せることができる室内に、ある程度のトランクスペースをフロントに、エンジンをリアに配置するというパッケージでした。

その基本的なデザインはヒトラー自身が提示したもので、丸っこい虫のようなスタイルから、ドイツでは「ケーファー(甲虫)」、英語圏では「ビートル」や「バグ」と呼ばれて親しまれました。世界中で受け入れられた愛嬌のあるタイプ1のデザインは、現代でも通用するほど魅力的なものですよね。

2018年現在販売されている最新のビートルは、ゴルフをベースに製造されたFFコンパクトカーですが、世界中で愛された親しみ深いデザインにモダンな雰囲気が加えられ、個性的な1台に仕上がっています。

さよならビートル…。2019年日本での販売を終了!
ビートルとミニは長い歴史でどう変わった?

③ミツオカ ヒミコ

ミツオカ ヒミコ 2018

個性的なデザインのモデルを販売する光岡自動車。そのラインナップのなかでも、ひときわ強い個性を放っているモデルが、ヒミコです。レトロというよりも、1930年代の英国製クラシックカーのような、ノスタルジックな雰囲気があります。

気になる中身は、最新のマツダ ロードスターで、職人が1台1台手作業で内外装をカスタマイズする手法で製作されています。

ロングノーズ、ショートデッキの流麗なデザインや、大きく張り出したフェンダー、大型のセンターグリルはまさにクラシックカーそのもの。趣味性の高い1台ではありますが、中身は最新のクルマなので安心して乗ることができます。

ミツオカ ヒミコ 画像ギャラリー

新車で買える、ミツオカのクルマたち

次ページフィアット 500とBMW MINI

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives