最強を謳うメルセデス・ベンツの4ドアクーペ AMG GTの凄さ

2種類あるエクスクルーシブ・ブランド

AMG GT 4ドアクーぺ 2018

メルセデス・ベンツでは、通常ラインナップのほかに特別なモデルのみをラインナップするエクスクルーシブブランドを用意しています。そのひとつがマイバッハで、こちらはSクラスをベースにしたショーファードリブンを用意します。

そしてもうひとつが、AMGと呼ばれるシリーズです。もともとAMGは、メルセデス・ベンツを専門にする独立したチューナーでしたが、現在はメルセデス・ベンツのサブブランドとして展開されています。

このメルセデスAMGは、AクラスからSクラスまで、各グレードのスペシャリティモデルを展開しているのですが、そのなかで唯一、メルセデスAMGだけで展開しているモデルが、AMG GTです。

SLRマクラーレンの系譜を受け継ぐAMG GT

メルセデス SLS AMG

このAMG GTの始祖となるのは、かつて販売されていたSLS AMGというモデル。2009年のフランクフルトモーターショーで発表されたスーパーカーで、300SL以来のガルウイングドアを採用し、日本での販売価格は2,490万円でした。

ちなみにこのSLS AMGは、欧州自動車メーカーがこぞってスーパーカーを手がけていた2004年に、メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同開発したSLR マクラーレンの系譜を受け継ぐといわれています。当時はポルシェ カレラGTやブガッティ ヴェイロンなどが次々と発表されていた時代でした。

そんなSLS AMGに続き、AMGのみのオリジナルモデルとしてデビューしたAMG GT。2015年から日本でも発売を開始しましたが、ベースグレードは1,580万円と、SLS AMGよりも安価なモデルとなっています。

そのベースグレードのほかにAMG GTには、ハイエンド版のS(1,840万円)、カーボンパーツで武装したSカーボンパフォーマンスリミテッド(2,280万円)、ロードゴーイングレーサーのR(2,300万円※受注生産)。さらに、2017年からはロードスター(1,834〜2,298万円)もラインナップされました。

2018年に発表された最強4ドアクーペ

AMG GT 4ドアクーぺ 2018

F1やDTMのペースカーとしても活躍するAMG GTに、待望の4ドアモデルが登場するとアナウンスされたのは、2018年のジュネーブショーの会場でした。

発表されたAMG GT 4ドアクーペは、ロングノーズ&ショートデッキのフロントミドシップ的な佇まいを持つ2ドアクーペを見事に4ドアモデルへとリファインしています。

大きな口を開けたエアスクープは2ドアクーペ同様の大迫力で、サイドビューも4ドアとは思えないほどスタイリッシュな仕上がり。さらにラゲッジスペースは可倒式リアシートを倒すことで大容量を確保するなど、利便性の高さは2ドアクーペとは比べ物になりません。またインテリアは、SクラスやCLSをベースとしつつも質感を大幅に高めています。

2018年当初に発売されるラインナップはGT 53 4MATIC+、GT 63 4MATIC+、GT 63 S 4MATIC+の3種類。いずれも、駆動方式には4MATIC+(4輪駆動)を採用します。

このうちGT 53は、3.0L 直6ターボエンジンにEQブーストスターター・オルタネーターというモーターアシスト機能を搭載したマイルドハイブリッド搭載モデル。対するGT 63とGT 63 Sは、ともに4.0L V8エンジンを搭載。

特にGT 63 Sは、最高出力470kW(647ps)、最大トルク900Nmというモンスターマシンで、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は315km/hに達するほど。AMG GTの強烈な加速は、4ドアになっても衰えるどころかますますパワーアップしています。

次ページ高性能4ドアクーペの勢力図が変わる

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives