クルマの下から水が垂れてるけど、大丈夫?

水溜まりの正体は?

水溜まり

車を停めてしばらくした後に、車体の下に水溜まりのようなものを発見した場合、色や粘り気、臭いを確認してください。

もしも無色透明で、粘り気も臭いもない場合は、エアコンのドレーンからの排水なので問題はありません。車体後方の場合は、マフラーからの排水である可能性が高く、こちらも心配はありません。

しかし、触った感じはサラッとしているけど、赤や緑などの色が付いている、臭いがするといった場合は、エンジンルームの異常を疑ってください。これらは、エンジンの冷却水(クーラント)である可能性が高く、車がオーバーヒートしてしまいかねない状態です。

もしも漏れた液体が黒や茶色で、かつ粘り気、臭いがあるものは、オイルの可能性が高いです。オイル漏れは、放置するとエンジントラブルや車両火災にも繋がるリスクがあるので、早急に対応する必要があります。

色や粘り気が判断しづらい場合は?

水溜まり

色や粘り気が判断しづらい場合は、漏れている位置から判断することも可能です。

エアコンの排水は助手席の下あたり、冷却水はエンジンルームの先端付近で漏れています。また室内の助手席の奥にはエアコンの空気を冷やす部分があり、そこで溜まった水はホースを伝って外に排出されますが、ホースが破損していたり詰まっていた場合、上手く排出できず室内に水漏れを起こす場合があります。

エンジンルーム下の黒っぽく粘り気のある液体は、エンジンオイル、ブレーキオイル、パワステオイルなど。FR車、4WD車の後輪車軸中央付近から漏れている場合は、デフオイルの可能性があります。

ガソリンは、燃料タンクからエンジンルームまでパイプで送られているので、燃料タンクから離れた場所でも漏れることがあります。ガソリン漏れは独特の臭いがするので、気付きやすいでしょう。

液体の漏れた位置を確認して、色や粘り気、臭いなどで判断しましょう。

水溜まりを発見した場合、どうすればいい?

冷却水

エアコンの排水による水溜まりは、なにもせずにそのままでOKです。室内の助手席足元が濡れている場合は、専門の業者に修理を依頼することになります。

冷却水が漏れていた場合は、冷却水を補充する必要があります。応急処置として水道水を補充し、自動車整備工場などに行き、みてもらいましょう。冷却水を補充する際は、必ず水温計の温度が下がっていることを確かめたうえで行なってください。冷却水には有毒物質も含まれているので、異常がある水溜まりを屋内ガレージで発見した場合は、念のため換気を行いましょう。

色がついていて粘り気がある場合は、まずオイルレベルゲージなどで、オイルの残量を確認します。オイルが減っている場合は、自動車整備工場に行き、オイルを補充してもらう必要がありますが、オイルレベルが最低(MIN)レベルを下回っていたら、オイルを補充してからエンジンを始動させてください。

明らかにガソリンの臭いがする場合は、必ずエンジンを切りましょう。車は一切動かさずに、JAFや自動車整備工場などに連絡し、指示に従うようにしましょう。

車の異常は放置しておくほど、深刻なトラブルに繋がります。まずはそうならないよう、運転する前には簡単な自己点検をし、定期点検は必ず受けましょう。愛車を長く乗り続けるためにも、トラブルを事前に防ぐことはとても重要なのです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives