狭い道に車がぴったりはまってしまったなど…JAFに寄せられた、珍しい?依頼内容6選

①後ろ向きに林道に落っこちてしまった

林道

譲ってもらったバイクで沢に降りたら、意外と沢が広くそのまま進むのは無理だったIさん。戻ろうとしたものの、林道で砂利道、そして25度もの傾斜がある坂道のため、戻るどころか後ろ向きに林道に落っこちてしまう羽目になり、JAFを呼びました。

故障などの技術的な問題はなかったため、暑さと蚊と戦いながら、人力作戦で救出されたそうです。

②クラッチを踏んだら折れてしまった!?

クラッチペダル

お盆休みに帰省する孫たちを迎えに行ったTさん。15万キロ以上乗り続けている愛車で駅まで迎えに行く途中、信号の手前でギアを入れ替えようとクラッチを踏んだところ、ボキッと音がして、クラッチベダルが戻らなくなってしまいました。

お盆休みのため、いつも使っている修理工場もディーラーもお休みで連絡がつきません。車を左に寄せて、JAFを呼ぶので精一杯だったそう。

自宅にレッカー移動してもらう途中、JAFの隊員に自宅近くでお盆でも営業している修理工場を紹介してもらい、そこで代車を借りたんだとか。Tさんは無事にお孫さんたちとお盆休みを堪能できたそうです。

③狭い道にぴったり車をはめこんでしまった!

石垣 ブロック塀

おばあちゃんを家の前まで迎えに行こうと、石垣と高いブロック塀に挟まれた狭い坂道をクルマで登っていたMさん。家の前で坂道から直角に車をバックで入れようとしたら、切り替えを何度がしているうちに、坂道に真横になる形でふさいでしまいました。

道幅いっぱいに、車がすっぽりとはまってしまって、どうにも動けなくなってしまったそう。JAFの隊員は、隙間がない状態のために、車輪がついているガレージジャッキを車の下に入れて、平行にずらすような形で車を脱出させたそうです。

次ページJAFに来た面白い依頼内容④〜⑥

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives