AT限定免許で、パドルシフトって使っていいの?

パドルシフトとは?

パドルシフト

パドルシフトとは、パドルスイッチとも呼ばれ、ハンドルの左右に付いているレバーのようなスイッチです。元々は、「シフト操作の時間短縮」と「操作ミス低減による安全性の向上」を目的に、1980年代後半にF1のフェラーリに搭載されたのが始まりです。

現在、パドルシフトは、意のままにシフトチェンジする感覚が味わえるとして、一般の自動車にも広く採用が広がってきています。

パドルシフトにMT免許は必要?

パドルシフト GT-R

もちろん、パドルシフト車を運転するのにMT車の免許は必要ありません。AT車の定義は、「クラッチのない2ペダル式の自動車」ですので、クラッチペダルがなくてクラッチ操作が不要なAT車に付いたパドルシフトは、AT限定免許で運転できます。

AT限定免許は、1991年からスタートをし、2016年には、運転免許証の新規取得者の約6割がAT限定免許証を取得しています。日本では乗用車販売台数の約99%がAT車であり、その割合からするとAT限定免許証の割合が約6割というのは意外にも感じますが、仕事の上でMT車を使う可能性がある方や、いつかはMT車に乗ってみたい、というドライバーを中心に、MT免許を取得している方がまだまだ多いようです。

パドルシフトの使い方

下り坂

パドルシフトがステアリングの横についているのは、ハンドルから手を放さずにシフトチェンジをするためです。通常走行時、あらかじめプログラミングされたシフトスケジュールは、感覚と合わないことがあります。

例えば、下り坂でエンジンブレーキをかけたい時、パドルシフトを使えば、シフトダウンの減速を得たいときにすぐに効かせることができ、ステアリングから手を離さずとも、強めの減速が思いのままに調整できます。これにより、ブレーキパッドの消耗を防ぎ、かつ長い下り坂で起きやすいフェード現象やヴェイパーロック現象を回避することができます。

一方、素早く加速したい時には、パドルシフトで一段二段とギアを下げることで、エンジン回転をコントロールできます。スポーツ走行の際には、パドルシフトを使用することで自分の意志でシフトの上げ下げをし、運転を楽しむことができます。

次ページ幅広い機種に広がるパドルシフト

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives