純正ホイールがカッコいい輸入車4選

RR駆動の現代のホットハッチ「ルノー トゥインゴGT」

ルノー トゥインゴGT
ルノー トゥインゴGT

2014年に発表、2016年に日本発売となった3代目ルノー トゥインゴ。愛嬌あるルックスは、初代を彷彿とさせ、なによりスマートと共通のユニットを採用したRR駆動という点も含めて、クルマ好きとしては非常に気になるモデルとなっています。

そのラインナップのなかで、2017年にリリースされたホット仕様のGTには、コンセプトモデル「TWIN RUN」が装備していたアロイホイールを再現した17インチ アロイホイールが奢られています。その名も“TWIN'RUN”。

珍しい4本スポークをベースにデザインされた17インチホイールは、5アルピーヌの時代からホイールデザインにもこだわってきたルノー製ホットハッチの伝統。絶対的な速さより、走る楽しさを足元からも感じさせてくれる1台です。

日本の血が入ったラテン・スポーツ「アバルト 124スパイダー」

無題
アバルト 124スパイダー

マツダとの協業により現代に甦ったアバルト 124スパイダーは、世界中で好評を得ています。ベースとなったロードスターのプラットフォームの出来がいいのはもちろん、アバルト専用の1.4L ターボエンジンとの相性の良さも指摘されています。

なにより、ラテン車の王道というべきエレガントなデザインによる魅力が大きいのは言うまでもありません。

ハンサムなスポーツカーはやはり足元もお洒落。17インチサイズのホイールは、軽快感、躍動感を感じさせるスタイリッシュなものになっています。気ままに走ることを楽しみたい1台ですね。

200万円台から乗れる「ボルボ V40」

ボルボ V40
ボルボ V40

スカンジナビアの雄、ボルボも近年スタイリッシュなモデルを連発し、好調のブランド。SUVモデルのXC60が2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのも記憶に新しいところです。

そんなボルボのエントリーモデルといえるV40は、1.5Lおよび2.0Lのターボエンジンを非常にスタイリッシュなエクステリアに搭載。299万円~というプライスも魅力的です。

当然ホイールデザインもエクステリアと均整がとれたもので、輸入車の入門としても素敵なモデルではないでしょうか。

次ページEVのイノベイター「テスラ モデルS」のホイールは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives