ベントレーのバッジ、赤と黒の違いはなに?

ファーストモデルは3色だった

エンジン技術者のウォルター・オーウェン・ベントレーが立ち上げたベントレー・モーターズ。第一次大戦前中、イギリス軍からの要請で海軍航空隊の大尉となり航空エンジンの設計を行っていたW.O.ベントレーが、F.T.バーゲスとH.バーレイとともに1919年に設立した会社です。

1919年のロンドンモーターショーに、早くもベントレー初の自動車となる3Litre(3リッター)を発表。1921年に発売されたこの3Litreには、3つのウイングドBが存在していたといいます。

記念すべきファーストモデルとなった3Litreには、ノーマルモデルのほかにSUキャブを装着し圧縮比を4.3から5.3へアップした「スピード」、さらに圧縮比を5.6にまで上げた「スーパースポーツ」があり、ノーマルは青、スピードは赤、そして最上級グレードのスーパースポーツは緑色のウイングドBをそれぞれ採用。エンブレムの色によって、グレードがわかるようになっていました。

ベントレーは1922年にワークスチームを結成、3Litreは翌年に開催された第1回ル・マン24時間レースに出場。翌1924年には、総合優勝をはたしました。その後、ベントレーは、車両を4 1/2Litre、6Litre スピードシックスと進化させながら1927年から1930年まで、4年連続で総合優勝を飾っています。

現在はV8が赤、12気筒が黒

ベントレー 赤バッチ
ベントレー 黒バッチ

このようにブランド初のモデルからグレード別に“ウイングドB”をカラーリングしていたベントレー。この伝統はフォルクスワーゲン傘下となった現在でも続いていますが、その意味合いは多少変化しています。

創業からロールス・ロイスの傘下になる1930年まで、ベントレーは直4もしくは直6エンジンを搭載していましたが、1930年以降になるとロールス・ロイス社製のV8エンジンも搭載するようになります。さらに時代をくだり1998年のフォルクスワーゲン傘下となってからは、W12エンジンというモデルが加わりました。

そのため、現在のベントレーはV8とW12の2種類のエンジンが存在しており、そのうちのV8モデルが「赤」のバッジ、W12モデルが「黒」のバッジという識別となっています。

新生ベントレーの立役者、コンチネンタルGT
世界ではまだまだ現役!現行車で買えるW12エンジン搭載車4選

伝統はいまでも続く…

ベントレー ベンテイガ W12

最初の3Litreと現行のモデル(ミュルザンヌを除く)では、エンブレムのカラーが意味するものは、若干変わっています。とはいえ、ファーストモデル以来こだわり続けてきた伝統は現在でも守り続けられているのです。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives