クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

HKSが世界最速のチューニングカーを決めるWTAC2018に参戦決定

そもそもYokohama World Time Attack Challenge 2018ってなに?

世界中からクルマ好きが集まるチューニング&カスタムカーフェスティバルで、世界最速のチューニングカーを決めるイベント。名前の通りタイムアタックはもちろんデモ走行やブース出展等もあります。

2010年からオーストラリアのシドニーで開催され今年2018年は10月12日〜13日に開催されます。今年の開催場所は、オーストラリア シドニーイースタン・クリーク・レースウェイ。

谷口信輝をドライバーにHKSも参戦

HKS TRB-03

HKSは、Yokohama World Time Attack Challenge 2018(WTAC)にTRB-03(Tsukuba Record Breaker 3号機)TOYOTA 86を使用して参戦する事となりました。

【Yokohama World Time Attack Challenge 2018】
参加車両: HKS TRB-03(Tsukuba Record Breaker-03)
ドライバー: 谷口信輝
車両仕様:ベースエンジン FA25
     Max.Power Output: 1000ps/6500rpm
     Max.Torquet : 100kgf・m/6000rpm
     Turbo: HKS GTⅢ-5R
使用タイヤ:YOKOHAMA ADVAN A005
      F:300/680R18  R:300/680R18 or 330/710R18
実績:2018年2月15日 TSUKUBA COURCE 2000 : 49秒445

TRB-03については、世界のタイムアタックマシンの基準となっている茨城県筑波サーキットにて49秒445を記録し、フォーミュラーカーを除く、No.1に輝いています。

同時開催のドリフトイベント「Honeywell Garrett International Drifting Cup」にも参戦

HKS 86RS-3

ドリフトイベント「Honeywell Garrett International Drifting Cup」には、Racing Performer 86 RS-3(TOYOTA 86)で参戦します。

【Honeywell Garrett International Drifting Cup】
参加車両:HKS Racing Performer 86 RS-3(TOYOTA 86)
ドライバー:谷口信輝
車両仕様:ベースエンジン 2JZ
     Max.Power Output: 800ps/6300rpm
     Max.Torquet: 95kg-m/4500rpm
Turbo:HKS GTⅢ-4R
使用タイヤ:YOKOHAMA ADVAN A052
      F:235/40-18・R:265/40-18

HKSは、日本国内のみならず、世界レベルでのタイムアタックに参加することでチューニングカーの更なる可能性を追求していくと発表。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives