BBS製のNISMO OEMモデルが遂に登場か?ニュルとGTで鍛え上げられた高性能鍛造ホイールとは?

GTの基準にロードカーの要素を追加

GT 500 NISMO GT-R

BBS NISMO
BBS NISMO

NISMO GT-R N Attack Package

BBS NISMO
無題
無題

GT500とロードカーとでは、ホイールに求められる機能、性能が大きく異なります。そのため、GT500が履くホイールに、ロードカーに求められる性能を置換、追加したものがこのホイールです。

BBS NISMO

色だけでなく、NISMOのロゴが刻印された部分もGT500用と同じになっているなど、“同じもの”であることにこだわった作りになっています。
当然、対にはBBSの刻印も。

bbs nismo

NISMOのエンジニアによれば
「GT-R NISMOの純正ホイールは本当にいいものなんです。強度、剛性、軽さ、ホイールに求められるすべてを非常に高い次元で実現しています。BBSのホイールもそれと同等の性能が確保されたものになっています」

BBS NISMO

ニュルブルクリンクで培った技術

BBS NISMO
BBS NISMO

GT-R NISMOのニュルブルクリンク7分8秒679というタイムの要素のひとつでもあった純正ホイールですが、それと同等の性能が保証された選択肢が増えるということ。
しかもそれが、デザインを含め、GT500と同等のアイテムとなれば、オーナーなら魅力的に見えること間違いなしでしょう。
ただ、今の時点ではまだ開発中とのことで、残念ながら発売時期はまだ未定。
そこで、よりイメージを広げていただくために、レーシングドライバーのインプレッションを取材しました。

あのミハエル・クルムが語る

このBBS製ホイールの印象を、ドライバーのミハエル・クルムさんにお聞きしました。

BBS NISMO

「レースカーのホイールとロードカーのホイールとでは、履いているタイヤもダウンフォース量も全然違うので同列には語れませんが、ロードカーで走ってみた印象だと、ホイールごとの個性というのか、違いが感じられました。」

BBS NISMO

「横方向の強さは純正と変わらない。でも、縦方向の動きがしなやかで、例えば、バンピーな路面コンディションでサスペンションがフルバンプするような場面でも、このホイールを履いているとそこまでいかない。」

BBS NISMO

「今回試乗したコース(群馬サイクルスポーツセンター)みたいな路面が悪いところだと違いが分かりやすい。ニュルもここみたいに路面がバンピーだから、違いが出るかも知れませんね

BBS NISMO

NISMO × BBSギャラリー

関連キーワード

この記事をシェアする

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives