シートカバー、土禁カバー、フェンダーミラー…古臭いと思われるクルマの特徴7選

1、フェンダーミラーの無理矢理感に魅力を感じてしまうかも?

フェンダーミラー

現代のクルマに装備すると、取って付けたようになるフェンダーミラーですが、標準装備だったころは立派なデザインの一部でした。そのためフェンダーミラー時代のクルマは、ドアミラーにしてもフロント周辺がアッサリしすぎるなんてことも起こりました。

トヨタ スターレット(KP61) や、日産 スカイライン(R30)などはドアミラーが認可される少し前にデビューしたため、マイナーチェンジでドアミラーになるとスマートではあるものの、少し物足りないようにも感じたものです。

ドアミラーが認可されるようになると、どうしてもフェンダーミラーじゃないと困るというドライバー向けに、メーカーはオプションでフェンダーミラーを設定しました。ただし、正直なところ、フェンダーミラー前提のボディデザインではないため、マッチングとしてこれはどうか…というものも結構ありました。

フェンダーミラーからドアミラー、ミラーレスへ…。サイドミラーの変化まとめ
タクシーや官公用車に多く採用…フェンダーミラーのメリット・デメリットは?

2、スマホやタブレットで不要になった後付けカーナビ

後付けカーナビ

まだまだ販売されてはいるものの、本来の用途では必要性が薄れ、人によっては無駄な買い物に見えてしまう後付けのカーナビ。

いまは、スマートフォンやタブレットに地図アプリを入れればカーナビとして機能するので、スマホホルダーひとつの購入で済みます。そのため、わざわざカーナビを買う必要がなくなってきました。しかも、ちょっと古い製品ではデータ更新もできず、地図が古いままということもありがちです。

それに対し、つねに最新の地図に更新されているうえに各種情報の検索もできるスマホやタブレットは非常に便利。メーカー独自のインフォテインメント機能も使えない後付けカーナビは、減少傾向になるのも無理のない話なのです。

3、華麗で加齢なレースのシートカバー

シートカバー

むかしはクルマと言えば宝物であり、汚すことはおろか手で触るだけでも指紋がつくからやめてくれ、などよく言われたものです。

クルマのシートも当然シートカバーで完全に包み込み、カバーを外せば新車同然のシートがそこに…と、特別仕様車などで豪華シートを売りにしているメーカーが、ガッカリしそうな現実がそこにはありました。

なかでも80年代半ばのハイソカー世代くらいまでは、背もたれとヘッドレストに白いヒラヒラしたレースカバーがついていることも多かったのです。いまでも年配の方の個人タクシーなどで、見かけますね。

4、青春時代はシートにTシャツを着せる

これはレースのシートカバーよりちょっと後の、バブル世代までの若者に多かったでしょうか。

シートにカラフルなTシャツを着せるというドレスアップ(?)が一時流行しました。筆者は、いまでも愛車のシートにTシャツを着せてますが、じつはシートの表皮が破けているのを隠すためで、当時の目的とはちょっと異なります。

古いクルマをなんとかお金をかけずに維持して、みすぼらしくみえないようにするには便利ですが、最近のクルマはシート表皮の質が良くなったので、そんなトラブルも減り、Tシャツもあまり見かけなくなりました。

次ページ土禁カバーやエンブレムも減った…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives