知っているとツウぶれる!? ラリー用語5選

コ・ドライバー

コ・ドライバー

コ・ドライバーは、助手席に乗っている参加者です。ラリーはレースやダートラ、ジムカーナと違い、2人1組で競技を行います。

コ・ドライバーの役割は、ドライバーがペースノートを作るときにその内容を記録し、SSではそのペースノートを読み上げてドライバーをナビゲートします。

コ・ドライバーとのコミュニケーションをうまくとることが、ラリーで入賞するために必要不可欠なのです。

ドンツキ

ドンツキ ジャンクション

ラリーのコースは、基本的に一般道を封鎖したもので、当然、十字路や曲がり角などがあります。そのとき、コースが丁字に突き当たる場所をドンツキといいます。ペースノートにチェックするなら、ドンツキ左、というような感じです。ドンツキは丁字路、ジャンクションは十字路の意味です。


ラリーのオンボードなどを観ていると、ドライバーによって表現方法が違うということがよくわかります。それでも基本的な内容は同じですので、どのように表現しているのかを比較してみるのも面白いでしょう。

謎が多いラリー用語ですが、気になる方はぜひその深みにはまってみてください。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives