最近、霊柩車をあまり見かけなくなった理由

あの言い伝えの真相

「葬列を見たら親指を隠せ」という言い伝えは、人力でご遺体を運んでいた江戸時代にはすでにあり、”成仏していない魂の侵入を防ぐため”親指を隠すようになったといわれています。

また人は亡くなって間もない時はまだ成仏しておらず、その魂は親指の爪の間から侵入すると考えられていたため、親指を隠すようになったようです。

死に携わる車両のため、敬遠されがちな霊柩車。特に目立ちすぎる宮型霊柩車は絶滅の危機に瀕しています。葬礼に関する考え方が変化するなか、今後、時代のニーズに合わせた霊柩車がでてくるのでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives