朝?昼?夜?洗車はどの時間帯がベスト?

洗車にベストの時間帯は?

洗車

洗車にベストな時間帯については、「午前中で気温が25度くらい」「昼近くは避けて朝の早い時間帯や夕方」「時間帯よりも、風で車に埃が付着するようなときに洗車すると傷がつくからやめたほうが良い」など、本当にさまざまな意見があります。

しかし、そこにはひとつの共通点があります。それは、「洗車による悪影響がない環境」であるということ。洗車は車をきれいにするために行うもので、汚すために洗車をする方はいませんし、そもそもそれなら洗車などしません。

しかし、洗車をする時間帯や環境によっては、洗車の効果が半減するばかりか、ときにはボディを痛めつけることもあるのです。

洗車の天敵、ウォータースポット

洗車

洗車の天敵と言えば、ウォータースポット(イオンデポジット)です。ウォータースポットとイオンデポジットは、前者が雨が降ったあとや洗車のあとにボディ表面に残った水滴がレンズになってボディを攻撃する現象、後者は同じ水滴でも乾燥したあとに水分に含まれていたチリや異物が残っている現象をいいますが、ここでは総称してウォータースポットとします。

ウォータースポットは、前述したようにボディ表面に残った水滴が原因なので、洗車の際は発生を避けることができます。日中の天気が良くて暑い日は、残った水滴が乾いてしまいウォータースポットになります。

また気温の高い日は、ボディ表面の温度も高く、水滴が蒸発しやすいばかりか、ワックスなども短時間で硬化が始まり、拭き取りが容易でないばかりか、本来の性能を発揮させることができなくなります。

このような理由から、夏場では気温がそれほど高くない朝の早い時間帯、または夕方がベストと言われます。気温の目安は、だいたい25度といわれ、これを元に考えると、夏場の日中はまったく洗車に適さないということになります。一方、冬場は日中がベストと言えます。

夜の洗車は適切か

夜の洗車は、あまりおすすめできません。明るいガレージなどの屋内で行えば問題ありませんが、屋外で行う場合は、日中ほどの明るさはなく、拭き残しをしやすくなってしまいます。

また、夏場は夜露が付く可能性がありますし、明かりに虫が寄って、吹き上げやワックスで仕上げる際にボディに付着した虫を巻き込んでしまう恐れも…。冬場は霜がつくこともあるなど、昼夜の温度差が大きな時期は注意が必要です。


以上まとめると、夏場の洗車は、気温がそれほど高くない朝または夕方、冬場は、昼間がベストと言うことができます。

洗車の時間は、人それぞれです。なかには思い立ったときに、洗車をするという方もいるでしょうし、夏場はみずからの涼しさを求めて日中に洗車をするという方もいるかもしれません。

しかし、洗車する環境によっては、ボディを痛める原因になることもあるのです。ウォータースポットは、一度できると除去に手間がかかります。できるだけ良い環境で洗車をするようにしましょう。

次ページ洗車に関する記事はこちら

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives