神経質すぎる?ドライバーが気になる、助手席での女性の行動7選

④助手席で爆睡

1日中はしゃいで楽しく過ごした帰りの道中、疲れてウトウトする彼女。ハッとして、「ごめん、ちょっと寝ちゃった」なんて言いながら必死に眠いのを我慢している。そんなことなら愛しさも倍増といったところですが…。

「じゃ、着いたら起こしてね~」なんて、堂々と爆睡された後、ドライバーは眠い目をこすりながら孤独なドライブをしなければなりません。ドライバーを元気づけ、安全な運転をしてもらうためにも、できれば隣で話しかけてください。そして、頑張りを労ってあげてほしいものです。

⑤香水のつけすぎ

香水

勝負をかけて、オシャレに気合を入れ過ぎてしまうことがあるのは、男性も女性も同じ。しかし、密閉された狭い車内における匂いは、屋外での状態とは違い、不快になることがあります。

車酔いの原因にもなりかねませんので、香りの強いものはほどほどに。また、臭いのきつい食べ物も注意しましょう。

⑥シートの座り方

女性らしさが感じられない姿勢や足の組み方なども、ドライバーは意外と気になるものです。

足を広げて座ったり、靴を脱いであぐらをかいたり…。足クセが悪いのは、ちょっとお下品な女性に思われてしまうかも。できれば足はきちんと揃えて、無理のない範囲で、お行儀良くいて欲しいものです。

⑦自分の世界に入る

一緒にいるのにも関わらず、無言でスマホを一生懸命いじっていたり、イヤフォンで音楽を聴いてたりすると、非常に気まずい空気になります。せめて一緒に過ごす時間は、お互い気遣いをしたいですね。

以上、ドライバーにとって嫌な助手席の行動を挙げてみましたが、普段、ドライバーの皆さんはどうですか?同意できるものはありましたか?

また、女性の皆さんでここに挙げたような行動をとってしまっている方がいらしたら、ぜひ今後は気を付けてあげていただきたいと思います。

細かいことを気にすると、器が小さいと見えてしまう危険性もありますが、相手に対する思いやりを忘れずに、ぜひ楽しいドライブを!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives