神経質すぎる?ドライバーが気になる、助手席での女性の行動7選

車好き男性は女性のどんな行動がNG?

女性 メルセデス

「女性が嫌がる運転」という記事は、ネットでしばしば目にします。なかにはそれを読んで反省したり…なんて方もいると思いますが、今回はその逆のパターン。「ドライバーが嫌がる助手席の女性の行動」についてです。

車好きの男性だと、愛車に傷を付けられたり、汚されたりというのはとても嫌ですよね。また、その他にも男性が嫌がる行動とはこんなものがあります。なかには、「ちょっと気にしすぎじゃないの〜」なんてものもありますが、そんな人が実際にいるんです。

①ドアノブを握ったり、ドアを開閉したりする時にボディを爪でこする

半ドア

女性のなかには指先にまで気をつかい、ネイルをしていて爪が長い人がいますが、その爪で車のボディをこすったりすると簡単にキズが付きます。ドアを開閉するときは、爪でキズを作らないよう配慮してくれたらドライバーは喜びます。

爪で少々こすれたくらいであれば、コンパウンドなどで落とすこともできますが、爪の先端などでキーッとやってしまうと塗装にダメージがおよぶばかりか、ドライバー自身にも大きなダメージを与えますので、ご注意を。

また、ボンネットなどに荷物を置いたり、手をついたりするのはNG。アルミボディだったりすると、柔らかいうえに、凹んだら修復費用も大変なことになります。

②サイドステップにヒールを引っ掛ける

スカッフプレート

乗り降りの際に、靴のヒールがスカッフプレートに引っかかったり、ガリッとこすったり。とくに硬いピンヒールなどでやってしまうと、すりキズが残ります。

まあ、多くの人が乗り降りの際に靴の踵をぶつける箇所なので、プレートが付いているというわけですが、クルマを愛しているドライバーからすれば、意外に気になるポイントなのです。

③車内、シートを汚さないで

メルセデス シート

ある程度の長距離ドライブともなれば、車内で飲食をすることが当然あると思います。しかし、飲み物や食べ物をシートや車内にこぼされたりすると、ドライバーは運転中であっても気が気でありません。

ポテトチップスなどのスナック類は、細かい破片が散りやすく、後の掃除が大変ですし、ホットドッグやフランクフルトなどに付いてくるケチャップやソースなど、繊維に入り込むと落としにくい液体、糖分が多い飲み物などは、できるだけこぼさないよう注意してほしいのです。

また夏場、女性は外出の際に日焼け止めクリームを使いますが、露出度高めの服装で、肌に塗りまくった日焼け止めクリームを、ダークカラーの内装やレザーシートなどにこすりつけられると、落とすのに相当苦労します。これも気を付けてほしいポイントです。

次ページこんな態度は嫌がられる

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives