どこにある?ドアハンドルが隠れた車5選 ー輸入車編

④ TVR サガリス

TVR サガリス

TVRは、英国が誇るバックヤードビルダー出身の自動車メーカーです。現在は日本に正規輸入されていないため、目撃する機会が限られます。デザインや空力のためにドアハンドルを隠すというより、少々イタズラ心があり過ぎるように思えます。

TVRは、見ての通りドアハンドルと呼べるものが、ドアパネルにそもそも存在していません。ドアハンドルの役目をはたすのは、サイドミラー下に隠された小さなスイッチで、それを軽く押せばドアが開きます。ただし、このスイッチは電気仕掛けで、バッテリー上がりや断線時にはドアが開かなくなります。

また、室内からのドアの開け方も特徴的で、ドア内張りにノブがありません。インパネ中央にあるダイヤルを回すとドアが開きます。

⑤ マクラーレン MP4-12C

マクラーレン MP4-12C

英国は遊び心があるメーカーが多いのか、デザインのためか、空力のためか、さだかではありませんが、マクラーレンにもドアハンドルがありません。しかも、こちらは当初、ボタンやスイッチすらありませんでした。

その開け方は、ドアのエッジの部分を指でスワイプする(撫でる)というもので、誰もが想定外の方法です。大変ユニークですが、解錠しづらく、雨などで濡れているとさらに反応が鈍くなるため、後にスイッチ方式にあらためられました。


スポーツカーとして速く走るための空力を優先したものから、遊び心としか思えないものまで、さまざまなドアハンドルの隠し方がありました。これらはほんの一例に過ぎず、他にもまだまだ多くの隠し方が存在しています。皆様もぜひ隠されたドアハンドルを探してみてください。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives