ワーゲンバスがいまでも人気の理由

ワーゲンバスとは?

ワーゲンバス

フォルクスワーゲン社は、ワゴンタイプの商用車トランスポルター(Transporter)を、第1世代(T1)から現在の第6世代(T6)まで販売してきました。

このうち、第1世代(T1)から第3世代(T3)までが「タイプ2」と呼ばれます。このタイプ2は、2型という意味で、すなわちVW社が1945年から販売していたタイプ1(通称ビートル)の、リアエンジン・リアドライブ機構を使った汎用モデルです。

日本では「ワーゲンバス」という愛称で親しまれているタイプ2は、世界中で人気があり、タイプ2をモチーフとした雑貨やおもちゃも多数販売されています。

ちなみに、第3世代(T3)のトランスポルターはかなり近代化されて、外観もモダンなデザインになったため、狭義にはT1とT2のみを指してタイプ2(ワーゲンバス)という名称が用いられます。

T1の歴史

VW T1 ワーゲンバス

ドイツにあるVW工場でタイプ1の生産が行われていた1940年代。タイプ1のシャシーをベースに、リアエンジン上に運転席を設置し、車体前方をまるまる貨物スペースとした特殊な運搬車が、工場内で使用されていました。

この運搬車を見たオランダ人の輸出仲介業者が、自身のノートにラフスケッチを記して、VWの経営責任者にアイデアを提案したことが、タイプ2開発のきっかけとされています。

タイプ1のシャシーに、1ボックス型のバンボディを架装したタイプ2(T1)が1950年に発売されるとすぐ、小型ながら丈夫で使い勝手が良いと評判になり、欧州市場、そして北米市場でも受け入れられました。

見た目は、タイプ1よりも大きく見えますが、実際の全長は大差なく、それでいて3列シートを配置できるほどの広い床面積。エンジンはタイプ1と同様の空冷OHV1,131cc水平対向4気筒を搭載。1964年には1.5仕様も追加されました。

ドイツでは1967年まで製造され、その後改良されたT2にモデルチェンジとなります。

T2の歴史

VW T2 ワーゲンバス

T1が北米市場において大成功を収めたことから、安全基準の引き上げと、排ガス規制(米国マスキー法)への対応、トルコンATの開発などの大幅改良が施されたのが、1967年登場のT2です。

シャシーやリアエンジン・リアドライブの組み合わせといった基本構成は、T1から引き継がれたものの、左右独立型ではなく1枚となったフロントウインドウ、エクステリアデザインの変更、内装部品にソフトパッドや樹脂製品が採用されるなど、各所に改良が施されています。

T2は数度のマイナーチェンジを実施しつつ、生産は1979年に終了していますが、ブラジルではコンビ(Kombi)という名前で、2013年まで生産されていました。

次ページワーゲンバスの魅力とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives