いま一番ホットなカテゴリー!? 車幅1,850mm以下のコンパクト輸入SUVたち

メルセデス・ベンツ

メルセデス GLA 2017

GLAクラス=1,805mm

ゲレンデヴァーゲンを除けば、Mクラスというカテゴリーから始まったメルセデスのSUVシリーズ。現在はC/E/SそれぞれのカテゴリーでSUVが用意され、CとEではクーペSUVも作られているほど活況を呈しています。

そんなメルセデス・ベンツのなかで、車幅1,850mm以下なのは、GLAクラスのみ。AクラスをベースにしたコンパクトSUVで、都心部での取り回しや利便性に長けたSUVモデルです。ちなみに過去にはGLKというシリーズもあり、こちらは全幅1,840mmでした。

BMW

BMW X1

X1=1,820mm
X2=1,825mm

1から6までのシリーズに、SUVモデルが存在するBMW。2017年のフランクフルトショーでは、大型SUVとなるX7が発表され、来年には市販化されるようです。

そんな充実したBMWのSUVラインナップですが、車幅1,850mm以下はX1とX2のみ。X1は2010年にデビューしたSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)で、2015年のフルモデルチェンジにともない駆動方式がFRからFFに変わったモデル。車高も従来の立体駐車場サイズから1,610mmに大型化したことでも話題となりました。

一方、最近仲間入りしたばかりのX2は、そんなX1の車高の高さを補うかのように全高が1,535mmに抑えられています。ただし車幅はX2の方が広く、ワイド&ローなスタイリングとなっています。

MINI

MINI クロスオーバー

クロスオーバー=1,820mm

モデルチェンジをするたびにボディサイズが大きくなるミニ。SUVモデルであるクロスオーバーも先代モデルよりだいぶ大型化されましたが、それでも車幅は1,850mm以下となっています。ちなみに先代クロスオーバー(R60)の全幅は1,790mmでした。

アウディ

アウディ Q2 2017

Q2=1,795mm
Q3=1,830mm

アウディのSUVモデルで車幅が1,850mm以下なのはQ2とQ3の2台。デビューはQ3のほうが先で、2012年。2018年秋以降に初めてのフルモデルチェンジを行うと噂されています。

一方のQ2は、2017年にデビューしたばかりのニューカマーで、999cc 直3エンジンを搭載するモデルもあるコンパクトSUV。車幅も1,800mm以下と現在のSUVのなかではかなりコンパクトな数値となっています。

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン ディグアン R-Line

ティグアン=1,840mm

フォルクスワーゲンのSUVは、現在2モデルが発売されていますが、車幅が1,850mm以下なのはティグアンのみ。2008年にデビューした初代ティグアンの車幅は1,810mm。現在発売されているのは2代目ですが、10年もの年月を経てもいまなお1,850mm以下をキープしています。

次ページイタリア車、フランス車、アメリカ車SUV

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives