サバンナRX-7やギャランGTO…人々を魅了し続ける70年代スポーツモデル

①三菱 ギャラン GTO

三菱 GTO 1970

1970年に登場した三菱 ギャランGTO。2ドアハードトップのギャラン GTOは、前身のコルト ギャランの基本設計を用いながら、スポーティなクーペスタイルに、当時のアメリカ車から影響を受けた逆スラントノーズや、最後端でわずかに跳ね上がるルーフデザインなどを採用していることが特徴。なかでも、最上級グレードのMRでは、ボンネット上にエアスクープを設け、高性能をイメージさせました。

エンジンは、通常モデルが1.6Lの直列4気筒SOHCで、MRのみ同じ1.6L 直4ながら、ヘッドをDOHCとし、ツインキャブレターにより最高出力125psを発生。最高速は200km/hに到達すると言われたギャランGTO MRの販売価格は112万円でした。

ただしデビュー約1年後には、MRを除くグレードが1.7L化。さらに1973年のマイナーチェンジでは、2.0Lエンジン(1700SL以外)に移行。MRは廃止され、最上級グレードはGS-Rとなりました。

②マークⅡ 2000GSS

1972年にフルモデルチェンジを受けた、2代目トヨタ マークⅡ。ライバルのスカイラインに対抗するため、2.0Lの直列6気筒エンジンが搭載されたことが最大トピックでした。

その一方で、スタンダードモデルは排気量を1.9Lから2.0Lに向上。最高級スポーツモデルのGSSは、ファストバッククーペのみに設定。最高出力145psの直列4気筒DOHCエンジンと、5速MTが搭載されていました。

2000GSSの最高速度は195km/h。パワフルに走る豪快なクルマでありながら、上質なデザインで人気となりました。2000GSSの新車販売価格は115万円。それ以外のモデルは、軒並み100万円以下という販売価格でした。

③スカイライン 2000GT-X

日産 スカイライン 2000GT-X
ケンメリ

スカイラインの歴史のなかで、最大のヒット作となった4代目(GC110)は、1972年にデビューしました。この4代目スカイラインは、デビュー翌年にS20型エンジンを積んだ、GT-R(KPGC110)をラインナップに加えたものの、日産ワークスのレース撤退と排気ガス規制によって、4ヶ月で197台が作られただけの幻のモデルになりました。

そのためここでは、スタンダードの最上級モデルであった2000GT-Xをピックアップしたいと思います。

2000GT-Xに搭載された直列6気筒の2.0Lエンジンは、SU型ツインキャブレターを装着し、最高出力130psを発生しました。ボディは、ロングノーズに2ドアハードトップ、さらに太いBピラーなど、当時としては非常にかっこいいデザインでした。

次ページロータリーを積んだマツダの名車は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives