危険!真夏の車内に絶対に放置してはいけないもの

真夏の車内はどうなるの?

車内

JAFの行ったテストで、外気温が35℃の炎天下にクルマを数時間駐車した際、約30分で室内温度は45℃まで上昇。さらに放置すると、ボディカラーによっては車内温度が57℃まで上昇し、ダッシュボード上は79℃にもなったという結果が公開されています。

こういった場合、サンシェードを装着したり、窓をわずか(約3cm)に開けておいても期待するほどの効果は薄く、車内温度の上昇を防ぐことはできません。エアコンをつけっぱなしにしておけば、温度の上昇は防げますが、今度は燃料が減ったり、環境面で問題が出てきます。

では、そんな高温の車内に、どんな物を放置していたら危険なのでしょうか。

【動画】JAFユーザーテスト

真夏の車内に絶対残してはいけないもの

スプレー缶

スプレー缶

虫よけスプレーや消臭スプレー、冷却スプレー、油膜取りのスプレー、ヘアスプレーなど、LPGガスが使われているスプレー缶は、高温になると爆発する恐れがあります。

車内で爆発すると、窓ガラスを割るほどの威力がありますので、置き忘れないように注意してください。

ガスライター

ライター

実験によると、炎天下のダッシュボードに2~3時間置いた使い捨て(100円)ライターに亀裂が入り、ガスが抜けました。使い捨てライターは、高温になると破裂・発火のおそれがあります。

近年は街中でタバコが吸えなくなり、車内でタバコを吸う機会が増えた方も多いかと思います。炎天下の車内に、使い捨てライターを置き忘れないよう注意してください。

スマホ、ノートパソコン、携帯電話

パソコン

共通して言えるのはバッテリーであるリチウム電池が、高温になると保護回路が壊れ、膨張、発熱・破裂・発火のおそれがあることです。パソコンでは大事なデータなどにも影響が出ることもあります。

電池

乾電池

電池式の家電製品やおもちゃ類を炎天下の車内に残した場合、電池から液漏れをしたり、最悪の場合、破裂・発火のおそれがあります。

未開封の炭酸飲料の缶・ペットボトル

水 ペットボトル

高温になると、炭酸飲料の炭酸ガスが膨張して缶の内圧が高まり、爆発するおそれがあります。ペットボトルは、炭酸飲料でなくても、高温になると中の空気が膨張し、破裂する危険性がありますし、透明のペットボトルは、レンズ作用によって火災になることあります。

また、ペットボトル自体からアンチモンやビスフェノールAという有害物質が出ることも実験で確認されています。

一方飲みかけのペットボトルでは、細菌がガスを発生させて爆発する可能性もあります。これはとくに糖分が含まれている飲料は注意しましょう。

化粧品

化粧品や整髪剤も、プラスチックの容器やスプレータイプが多く存在します。プラスチックの容器は、高温になると溶けだしますし、スプレータイプは前述したとおりです。

化粧品の保管は、通常、室温で管理します。50℃を超える環境では、成分が変わってしまったり、溶け出したりすることがあるので注意しましょう。

食べもの

カビや細菌が繁殖しやすくなり、腐りやすくなりますので車内への放置は厳禁です。とくにビニール袋に入ったままのものは、細菌の繁殖や腐食が進みやすいので注意が必要です。

高温に弱いのはモノだけじゃない

乳幼児、高齢者、ペット

チャイルドシート

先の実験結果によると、エアコン停止のわずか15分で車内は熱中症指数が危険レベルに達しました。乳幼児は体温調節機能が未発達のため、高温下では短時間で体温が上がり、死亡することがあります。

また高齢者は、加齢により体温調節機能が低下していますので、同じように危険です。ペットも同様、命に関わりますので、車内に放置することは絶対にやめてください。

女性 ドライブ

真夏の車内は非常に高温になり、たとえ短時間であっても、危険です。トラブルのもとにならないよう、くれぐれも置き忘れ、放置に注意しましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives