スピードメーターの値、実際の速度と誤差があるって本当?その要因とは?

車速センサーとは?

運転 ダッシュボード

クルマには、車速を推定する「車速センサー」がついています。通常、この車速センサーは、トランスミッションの回転に連動する「ドリブンギア」と言われる部分を介して装着してあり、トランスミッションの回転速度に比例したパルス(電気的な発信)を発生しています。その信号を利用し、スピードメーターの表示回路に情報を送っているのです。

アナログメーターの場合は、車速度に相当するパルス信号の数を、電流信号の大きさに変換し、電流の大きさに対応、交差コイルによってスピードメーターの針を動かします。デジタルメーターの場合は、パルスをカウントして、車速度をデジタル表示します。

誤差要因とは?

車 走行

トランスミッションから得られるパルス信号は、自動車のCPUによって演算され、車速度へと変換されています。この演算には、ドリブンギアの歯数、パルスをカウントする演算割込み時間、デフ減速比、タイヤ外周長などの数値が使われています。この中で、「誤差」の要因となるのは、主として「タイヤ外周」です。

車速は、車軸(タイヤ)回転速度×タイヤ外周長(直径×3.14)で計算します。例えば、スピードメーター上 40km/hで走っていても、空気圧不足や、摩耗により外周が10%減ると、実車速は36.0km/hに低下します。

空気圧不足や摩耗によって、タイヤ径が10%も変化することは考えられませんが、これらによって生じる「誤差」は、メーター表示に少なからず影響してくるものです。さらに、ホイールのインチサイズを交換したりすると、スピードメーターの表示と実車速との乖離は、さらに大きくなってしまいます。

次ページスピードメーターの表示には許容誤差がある

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives