デロリアンの復活って、どうなったの?

デロリアンは会社名

デロリアン

デロリアンは、メーカーの名前です。1975年、GMの副社長が理想の車を作るべく、GMを辞職して独立して作った会社。それが、デロリアン・モーター・カンパニー(DeLorean Motor Company)でした。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のなかで用いられていたのは「DMC-12」というモデルで、1981年から1982年に販売されました。

映画で使われていただけに大ヒットを記録したのだろう…と思われますが、実際には大ヒットどころか、映画が公開されたのは1985年。つまり、映画が公開された時点ですでに”過去の車”となっていたのです。デロリアン・モーター・カンパニーも1982年に解散しました。

DMC-12ってどんな車?

デロリアン

DMC-12の特徴は、まずボディがステンレスでできていることでしょう。それもステンレスの錆びにくい性質を利用した地肌むき出しのボディは、当時、異彩を放つものでした。くわえてドアはガルウイング式と、見た目のインパクトはかなりのものでした。

エンジンは、2,849ccのV型6気筒SOHC。こちらはプジョーとルノー、ボルボが共同開発したPRVと呼ばれるユニットで、プジョーの最高級車604や、ルノー アルピーヌ A310/アルピーヌ V6に搭載されたもの。もともとはV型8気筒を搭載する予定が、オイルショックの影響で出力を抑えざるを得ず、自然吸気のV6になったようです。

登場時、売上は好調に見えたのですが、2万5,000ドルという価格。そして大量のキャンセルに見舞われたことで、会社は経営不振。それに追い打ちをかけるように、1982年に社長がコカイン所持で逮捕(後に無罪となっています)されたことで、資金繰りがショートし、デロリアン・モーター・カンパニーは解散となりました。

次ページDMC-12が復活?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives