タクシーや官公用車に多く採用…フェンダーミラーのメリット・デメリットは?

フェンダーミラーのメリット・デメリットは?

トヨタ クラウン コンフォート

メリット

クルマの前方に設置するフェンダーミラーは、ドアミラーと比べてドライバーの視線の移動が少なく、確認を素早く行えることが最大のメリットです。

目線の移動、頭部の(首をひねる)動きが小さいので、ドライバーの疲労も少ないでしょう。また多くの方が感じるように、クルマ前方のフェンダー側面~ドアまで鏡面に入るため、車幅感覚もつかみやすくなります。

また「空力」にも優れているとも言われています。これは形状を考えればなんとなくわかる気もしますね。

デメリット

一方デメリットは、ドライバーからミラーまでの距離がドアミラーよりも遠いため、同じだけ離れた場所に人やクルマがあっても、相対的に小さく見えます。そのため、ドアミラーに慣れたドライバーは、最初に違和感を感じることでしょう。

また旧車の場合は、ミラーの角度調整に難儀します。電動調整機能が付いていれば問題ないのですが、それが無い場合は、ミラーを調整、乗り込んで確認を何度か繰り返すか、友人などの手を借りて調整するようになります。

さらに形状によっては雨による水滴で後方が見えにくくなることもあります。この場合も、車内からは手が届きませんから、クルマから降りて拭かなければなりません。

次ページなぜタクシーや官公用車はフェンダーミラーが多いの?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives