サンダルで運転、車検ステッカーを外すのもNG!?…意外と知られていないルール5選

③高速道路で追い越し車線を走り続けると違反

高速道路 追越車線

交通の流れを乱さないのであれば、追い越し車線を走り続けていてもいいのでは?と思うかもしれませんが、追い越し車線は名前の通り、追い越しを行うための車線です。

道交法第20条によると、"車両通行帯が2つある道路では左側、3つ以上ある道路では一番右以外の通行帯を走行しなければならない"とされています。

追い越し車線を走り続けると、「通行帯違反」となりますので、注意しましょう。

④追い越し妨害は違反です

走行 高速道路

追い越しされるのが気に入らないからといって、速度を上げて追い越されることを阻止することも違反です。

道交法第27条には、”追いつかれた車両の義務”が定められており、そのなかで「最高速度が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない」とあり、追い越される側はスムーズな追い越しを補助してあげなければ違反です。

場合によっては、少し左に寄ってあげたり、速度を落としてあげる配慮も必要です。

⑤幅員の狭い道路は標識がなくても駐車違反

路地裏

駐停車禁止の看板が見当たらないからといって、家の裏路地や車の通りが少ない狭い道など、幅が狭い道路に駐車すると、駐車違反になってしまうことがあります。

道交法第45条2項では、"車両を左側に寄せて駐車した際、右側の道路の余地が3.5m以上の余地がない場所は、駐車してはならない"とされています。

つまり、「無余地駐車違反」となる恐れがあります。


安全で気持ちのいい運転をするためにも、譲り合いの気持ちや正しい知識を身に着けることが大事ですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives