フロントグリルにスペアタイヤを載せるクルマ3選

キューベルワーゲン

キューベルワーゲンは、世界的なドイツの自動車メーカーのフォルクスワーゲンが生産していた軍用車両です。初期のタイプ82は、第2次世界大戦中に製造されたモデルです。

設計は、フェルディナント・ポルシェ博士。車体のリアに搭載されたエンジンは水平対向4気筒で、いわばVWタイプ1の兄弟車です。

軍用車というだけあり頑丈な見た目のキューベルワーゲンは、フロントのフードの上にスペアタイヤを装備しています。タイプ1に先駆けて大量生産を行った車としても有名です。

フロントグリルにスペアタイヤを搭載している車を眺めると、実用的な目的で設計されたものばかり。フロントにスペアタイヤを固定したのは、それなりに理由があったのですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives