クルマの幅寄せのコツを教えて

普段から気を付けたい3つのこと

縦列駐車

クルマを幅寄せするとき、壁や障害物にどこまで近づけられるのか、自信がないという方は少なくありません。

助手席側の幅寄せは、運転席から見て、どのあたりまで車体を寄せると思い通りの位置に来るのか、普段から車両感覚を磨いておくことが大切です。

①ドライビングポジションは毎度同じにする

運転席から見た視野が毎回変わってしまうと、車両感覚をつかみにくくなります。いつも同じドライビングポジション(アタマの位置)になるよう、シートの前後位置やシートバックの角度は普段から気を付けておきましょう。

昨今は、運転席のシートポジションを記憶する機能が搭載されている車種も増えています。こういった機能を使うのも良いですね。

②クルマの幅と目標との間隔をつかむ練習をする

クルマと目標となるものの距離が、どのくらい離れているかを把握する練習をしましょう。

たとえば、駐車場の白線を目標として、車を寄せていきます。幅寄せができたと思ったら、車を降りて確認します。白線から離れていたり、斜めになっていたりするかもしれませんが、繰り返し練習をして、白線に寄せる感覚を身につけましょう。

練習する時間がない場合は、普段から駐車した後にクルマが白線枠のどこに停められたのか、毎度確認すると良いでしょう。

③視覚化して覚えておく

②の練習で、ピタッと白線に寄せることができたら、いつものドライビングポジションでダッシュボードのどの位置に白線や目標物が見えるか、覚えておきましょう。

ダッシュボードの奥に見える、ボンネットの稜線にあるパネルの継ぎ目や、ヘッドライトの角、ワイパーの端っこなどが目印となります。この目印を目安にして、幅寄せや駐車をするようにしましょう。

これら目印の位置に目標物が見えれば、ぴったり寄せられていることになります。慣れるまでは、ダッシュボードに、目印となる小さなシールをつけておいても良いかもしれません。

次ページ幅寄せが得意な人がしているちょっとしたコツ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives