知ってた!? オービスの種類は6つあります

オービスには事前予告がある

オービス(自動速度違反取締装置)が設置されている道路には、その手前約1〜3kmに少なくとも2箇所、オービスが設置されていることをドライバーに知らせる看板があります。

この看板は、オービスによるドライバーへのプライバシー侵害を回避するためのもので、現在のところ固定式オービスが設置されている手前には、必ず設置されています。

つまり、「自動速度取締機 設置区間」という看板の先には、オービスが待ち構えているというわけです。そのオービスには、大きく6つの種類があります。

オービスの種類6つ

その1、レーダー式

オービス

さまざまな道路で長く活用されてきたタイプで、レーダーを走行しているクルマに照射して、速度を計測します。

道路上部にレーダーが設置されており、速度違反が感知されると、路肩に設置されたカメラで撮影されるという仕組み。最近では、少なくなりました。

その2、ループコイル式

レーダー式とほぼ同時期に運用されていたオービスがこちらのループコイル式です。道路に磁場を出す装置を3つ埋め込み、2つを通過する時間で速度を計測しています。

レーダー式と比べて制度が高く、現在は赤外線を搭載したデジタルカメラも採用されており、24時間常に撮影されるようになっています。

その3、新Hシステム

オービス

白い板状の機器からレーダーが出され、下を通過する自動車の速度を測定し、カメラが違反車両の画像を撮影するというHシステム。道路上にレーダーを照射する大きな白い箱が特徴です。

新Hシステムは、基本はHシステムと同じですが、レーダーの照射パターンを変えることで、市販のレーダー探知機が検知できないような工夫がされています。

いずれもデジタルカメラが採用されており、常に撮影されています。

その4、LHシステム

オービス

現在、もっとも多く設置されているオービスが、このシステムです。

速度計測はループコイル(L)式、撮影は新Hシステムを組み合わせたもので、道路上部に設置されたデジタルカメラで撮影します。

このため、速度検知の際のレーダー照射が一切行われず、レーダー探知機では判別することができないうえに、正確にスピードを検知します。

見分ける方法としては、小さな箱が2つカメラとフラッシュが並んでいたらオービスの可能性が高いです。

その5、移動式オービス

おもに一般道や高速道路など元々設置しているオービスがなく、スピードが出やすい地点で利用されており、いつどこで測定するのかわからないのが、この移動式オービスになります。

1BOXタイプのワゴン車などにカメラ装置やスピード計測機が搭載されており、場所を移動して撮影することができるため、残念ながら正確な場所の把握を行うことができません。

この場合でも、手前には「速度取締中」の看板が設置されますが、通常の看板とは異なり見落としやすいと言われています。

その6、新型小型オービス

いわゆる「ゾーン30」と呼ばれる、市街地などの一律時速30km程度に抑えたエリアに多く導入されています。

このシステムは、速度違反の撮影に加えて、歩行者や自転車への警告も行うことができます。

撮影を知らせる看板が無いこともあるようです。

次ページオービスの光は何色?自覚できるくらい明るいの?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives