梅雨は洗車の季節!? 雨の日は洗車にうってつけだった?

じつは汚れを落としやすい!?

雨 運転

雨の日に洗車をすることのメリットは、「汚れを落としやすい」ことです。すでに雨で汚れが浮かびあがっているので、晴天なら頑固な汚れも簡単に落とすことができます。

特に鳥フンや走行中に付いたムシの死骸など、こびりついた汚れを一気に落とそうとすると、ボディにキズを付けてしまいますから、通常なら洗浄液を含ませたスポンジをしばらく置いて、ゆっくり落とすことになります。しかし、雨の日は勝手に汚れを浮かび上がらせてくれます。この雨の力を借りれば傷付けずにスムーズに汚れを落とせるというわけです。

また「ふき取り作業が不要」なことも、雨の日洗車の魅力です。洗車した際、水分が残っていると水アカの原因になってしまうため最後のふき上げは必須です。この水アカには、水道水の成分が関係しています。水道水に含まれているミネラルや塩素などはカス・キシミの原因となっており、洗車した際にはこれらをしっかり除去するためにも拭き取らなければなりません。

対して雨には塩素やミネラルが多く含まれているわけではないので、雨に濡れても拭き取る必要がないのです。

また、晴天時は洗車しても空気中のホコリが車に付着してしまいますが、雨の日は空気中のホコリが少ないので、そういった汚れを防ぐこともできます。

注意すべき点は?

雨の日洗車のデメリットといえば、ワックスが掛けられないことと自分が濡れてしまうということだけです。しかし、このワックスがけによって雨粒がボディをスーっと滑り落ちるさまを無上の喜びとする人もいますから、そういった方には雨の日洗車オススメできません。

確かに晴天時の洗車はとても気持ち良いものですが、「効率」で考えると、雨天時も決して悪くはないのです。

梅雨前にしておきたい!洗車で雨対策
花粉や黄砂からクルマを守る正しい洗車方法
車のシャーシ部分って洗う必要があるの?洗い方は?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives