根強い人気。なぜハンドルカバーをつけるのか?

昔はハンドル交換が手軽にできていましたが…

【東京オートサロン】MOMO ステアリング

エアバッグの無かった時代は、多くの車好きがチューニングもしくはドレスアップとして、ハンドル交換を楽しんでいました。

モモやナルディといったブランドの製品は、3〜4万円ぐらいしていたような…。筆者も最初に買ったクルマは、モモ製ハンドルに交換していました。

しかし、エアバッグが標準装備されるようになると、ハンドル交換は簡単ではなくなります。ハンドルはエアバック内蔵となり、社外品でも値段が高く、また交換作業もユーザー自身で行うことは、かなり難しいものになったのです。

そこでドレスアップアイテムとして、手軽なハンドルカバーが普及してきた、と考えられます。

ハンドルは、クルマによってサイズが異なります。カバーを選ぶ際には、自分のクルマに合ったサイズを選びましょう。そのうえで、実際に触って、滑りやすさや、握りやすさなども確認してください。

素材、デザインによって、室内の雰囲気を変えることができるハンドルカバーは、おしゃれなドレスアップユーザーに必須のアイテムといえるでしょう。

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives