ヒルスタートアシストの仕組みとは?どんなメリットがある?

ヒルスタートアシストは必要か?

住宅街 坂道 道路

MT車に普段から乗り慣れているドライバーにとって、坂道発進で勝手に制御が介入することに違和感や煩わしさを感じるかもしれません。しかしレンタカーやトラックなど、普段と勝手が違ったり、一時的に重い荷物を積んだりする場合には、この「ヒルスタートアシスト」が活躍してくれます。

またAT車でも急坂の途中で止まれば、発信の際わずかにバックすることがあるので、存在にありがたみを感じる方は少なくありません。実際に、現在発売されている多くのAT車に、ヒルスタートアシストが装備されています。これは、AT車の販売比率が98~99%と圧倒的に高い日本で、操作性が容易なクルマが好まれるという実状に合わせた対応といえます。

ブレーキの解除は、ホールドしている時間内であれば、ドライバーがアクセルを踏むことによって行われるため、わずかにタイミングのずれが生じ、最初は違和感を感じるかもしれません。しかし、一連の制御を理解し慣れることで、大半の方は非常に便利な機能として、認識されるのではないでしょうか。

ヒルスタートアシストは、操作に不慣れなドライバーや高齢ドライバーにとっては、安全性の向上にもつながる有効な機能です。坂道で後ずさりする不安から解放されるヒルスタートアシストのようなシステムは、今後さらに普及していってほしいですね。

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives