バスでも鉄道でもない!筑波山由来の自動車「筑波号」を知っていますか?

ローランド号を改良させた自動車「筑波号」

筑波号

「筑波号」は、1934年に発表された自動車で、1938年までに約130台が生産されました。

設計者の川真田 和汪(かわまた かずお)氏は、オートバイレースで活躍し、戦時中はトヨタ自動車研究所に勤めていた人物で、1929年ごろから自動車の試作を始め、1931年に小型乗用車「ローランド号」を試作しました。

ローランド号の製作にあたり川真田氏は、アメリカのコードというメーカーの車両を参考にしたとされています。コードは、当時アメリカで流行していた前輪駆動車で、ローランド号も前輪駆動を採用していました。こうしてローランド号は、日本車として初めて前輪駆動方式を採用した自動車となったのです。

川真田氏はV型2気筒の500ccエンジンをフロントに搭載したローランド号を改良したモデルで出資企業を募り、汽車製造株式会社と株式会社石川島自動車製作所の出資を受けて、東京自動車製造株式会社を設立。エンジンを750ccのV型4気筒に改良した「筑波号」を完成させました。

筑波号の販売モデルはセダン・幌型・トラックの計3種類。エンジン、シャシー、ボディなどの自動車を構成するパーツは、外注によって製作され、東京自動車製造株式会社は組み立てと販売のみという分業制を取り入れたことで、4年間で約130台という量産を可能にしました。

筑波号のスペック、フェートン(セダン)を例に

筑波号

筑波号のフロントに搭載されたエンジンは、水冷狭角V型4気筒の737ccで、最高出力は18HP(13kW)/4,000rpm。マフラーは消音装置付き。それに、3速マニュアルトランスミッションを合わせた、フロントを駆動するFF車です。

ちなみにエンジン製作は、オートバイメーカーとして有名な目黒製作所、ラジエーターは日本ラジエーターが行っていました。

フェートン(セダンタイプ)のボディサイズは、全長2,800mm×全幅1,200mm×全高1,520mm。ホイールベースは1,900mmで、車両質量は667kg。最大乗員数は4名で、足回りは四輪独立サスペンションと横置きリーフ式の組み合わせでした。

筑波号製造にかかわった人々

筑波号

筑波号を設計したのは川真田氏ですが、川真田氏が筑波号のモデルであるローランド号の設計には政治家であった鳩山一郎氏や実業家の渋沢栄一氏から資金援助を受けています。その資金援助を受けたことで、ローランド号やのちに筑波号を製造する東京自動車製造株式会社の設立に繋がりました。彼らの助けなくして、筑波号が誕生することはなかったでしょうね。

しかし、1937年に日中戦争が勃発したことで自動車製造事業法が成立。これによって中小の自動車メーカーが材料を仕入れられなくなり、東京自動車製造株式会社も自動車の製造を終了せざるを得なくなったのです。

筑波号

日本車で初めて前輪駆動方式を採用したローランド号をベースに設計された「筑波号」は、まぎれもなく日本の自動車史に残る名車の1台です。

日本に現存するのは、トヨタ博物館に展示されている1台のみと言われていますから、機会があれば、ぜひ日本初のFF乗用車を見学しましょう。

愛知に行ったら訪れたい!トヨタの2つの博物館

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives