夜間にサングラスして運転って違法?

夜間のサングラス着用は必ずしも違法というわけではない

夜間走行

夜間、サングラスを着用して運転した場合、サングラス着用が直接違反に問われることはありません。ただし、サングラスの着用によって極端に視界が悪くなっていた場合、安全運転義務違反に問われる可能性があります。

消費者庁の家庭用品品質表示法では、サングラスを「サングラス」「偏光サングラス」「ファッション用グラス」のいずれかに分類して表示するよう義務付けており、そのうちサングラスには屈折力および平行度、偏光サングラスは屈折力、平行度、偏光度に加え偏光軸のずれという項目で基準値が設定されており、それに適合した製品のみが、サングラスまたは偏光サングラスとして販売されます。

また販売の際には、製品の仕様を見やすいところに表示することが求められており、レンズの材質、可視光線透過率、紫外線透過率などを知ることができます。

ちなみにメガネレンズ(矯正用レンズ)では、JIS規格によって視感透過率(可視光線透過率とは異なります)が75%未満のレンズが夜間運転不適合とされています。この視感透過率は、5つのカテゴリーで分類されていますが、レンズの濃度やカラーによって性能が変わるので、一概にどのカテゴリーに合致していれば夜間運転適合とは言えません。

話をサングラスに戻すと、夜間に適したサングラスというものが世の中には存在します。イエローやオレンジ系レンズは、くもりや雨、夕方など、視界が悪いときに視界を明るくする効果があるとされています。さらに可視光線透過率が80%以上あると、夜間でも使いやすいでしょう。

サングラスの種類

サングラス

サングラスには、可視光線透過率があります。この透過率は、レンズが光を通す割合を表しており、低くなると見えづらくなる傾向にあります。一般的に夜間でも使えるサングラスの可視光線透過率は、80%以上の製品と言われます。

調光レンズは、屋内と屋外では紫外線の量が異なるのを利用して開発されたレンズで、紫外線に反応するとレンズが濃い色になり、反対に屋内のような紫外線量が少ないところでは薄くなります。可視光線透過率は、約18〜75%で変化しますので、周囲の明るさに合わせてサングラスを着脱することが面倒というドライバーにはおすすめです。

一方、偏光レンズは変更膜と呼ばれるフィルターが組み込まれたレンズです。光の乱反射などを偏光膜によって遮断して、視野を確保する効果を発揮してくれます。

この調光レンズと偏光レンズは、しばしば勘違いされます。サングラスを選ぶ際には、注意しましょう。

夜間サングラスのメリット・デメリット

オートハイビーム 夜間走行

夜間でも使えるサングラスには、いくつかのメリットがあります。そのひとつが、防眩効果です。

夜間に車を運転していると、非常に(異常に)眩しいヘッドライトを照らしている車にすれ違うことがあります。その場合に、眩しさを軽減して視野を確保できます。また、雨天時の夜間運転において対向車のヘッドライトの乱反射にも効果あります。

もちろん、サングラスを着用したことで、視界が暗くなると感じるものはNG。日中に効果の大きい製品は、夕方以降は使わないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives