カーマニアも思わずうなる!? 希少でマニアックでかっこいい車8選

①ルノー アヴァンタイム

ミニバンサイズで3ドアハッチって……

ルノー アヴァンタイム

一見するとミニバンにしか思えないほど大きなボディにもかかわらず、なんと3ドアハッチバックという異色の自動車。

全長4,640mm×全幅1,830mm×全高1,635mmというサイズの3ドアハッチなので、もちろん左右のフロントドアもかなりの大きさ。さらに後ろのリアハッチはルノー定番の段差のあるデザインで、遠くから走ってくるとその異様な姿っぷりで目立ちまくります。

②ルノー スポールスピダー

えっ!フロントガラスないんですけど…

ルノー スポールスピダー

ルノーのモータースポーツ部門であるルノー スポールが開発したオープンスポーツ。完全2シーターのミッドシップレイアウトだったり、フロントドアが上に跳ね上がるスウィングアップだったりといろいろ変わったところもありますが、一番すごいのがフロントウインドウがないこと!

運転席に座ると上半身むき出しのままで運転するというスタイルになります。ただし日本に正規輸入されたのはフロントウィンドウのついたタイプ(パラブリーズ)のみ。ちなみにフロントウインドウのない仕様はソットヴァンと呼ばれています。

③BMW Z1

ドアが真下に向かって下がっていく

BMW Z1

BMWのZシリーズといえば、Z3やZ4、少し前にはZ8という名車もありましたが、その元祖的なモデルの存在はあまり知られていません。

このZ1という車は、1989年に生産された2シータースポーツなのですが、そのドアの開閉ぶりがとにかくすごい。上に開くのでも横に開くのでも、ましては後ろに引くのでもなし、なんとドアがサイドシルに向かって下がっていくのです。さらにドアの上下動は電動モーターを使った自動ドアで、その姿は今見ても近未来的そのものです。

④BMW 8シリーズ

リトラクタブル式のBMW

BMW 850i 8シリーズ 初代

2018年5月現在、新型8シリーズが発売間近となっていますが、かつて1990年代にもBMWには8シリーズが存在していました。

1990年に登場した8シリーズは、いわゆるGT(グランツーリスモ)のフラッグシップモデルという立ち位置でデビュー。フロントシートの後ろには+2としてリアシートが用意され、エンジンはV8だけでなくV型12気筒を搭載したモデルも登場(850)。

小さいながらもキドニーグリルを設けたフロントマスクと当時のスポーツカーの象徴でもあったリトラクタブルヘッドライトで、従来のBMWとはかなり様相を異にしています。

不遇のモデル8シリーズ。次期型の成功は?

次ページ希少でマニアックでかっこいい車⑤〜⑧

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives