1代限りで販売終了となったスバルの名車5選

①パーソナル軽クーペ「R1」

スバル R1
スバル R1

「R1」は、5ドアハッチバックとしてデビューしたR2に遅れること2年後の2005年に発売された軽自動車です。

ボディタイプは、3ドアのハッチバッククーペで、車体サイズは全長3,285mm×全幅1,475mm×全高1,510mmで非常にコンパクト。R2と比較して、全長110mm、ホイールベースで160mm短いボディの乗車定員は4名。ですが、実質的には2+2といったほうがしっくりくるレイアウトでした。

当初、エンジンはNAの660cc 直列4気筒のみでしたが、2005年11月はスーパーチャージャー付きを追加。駆動方式は、FFと4WDが用意されていました。

特徴的なデザインは、発売年にグッドデザイン賞を受賞しています。

②7人乗りミニバンとして誕生した「エクシーガ」

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2017

2008年に販売が開始された7人乗りミニバンが「エクシーガ」です。エンジンや駆動方式は、スバルの王道でもある水平対向AWD。3代目インプレッサや2代目フォレスターと同じ、SIシャシーコンセプトによって生産されています。

デビュー直後のエンジンラインナップは、NAの2.0L水平対向4気筒と2.0Lターボの2種類でしたが、翌年には2.5LのEJ25型 水平対向4気筒SOHCを追加し、3種類になりました。なお2.5Lエンジンは、2012年のマイナーチェンジで、同じ2.5Lながら、DOHCとなったFB25型 水平対向4気筒にスイッチされています。

2015年になるとエクシーガは、ミニバンからクロスオーバーSUVにコンセプトを変更。それ以降「エクシーガ クロスオーバー7」と名乗ります。しかし基本シャシーやエンジンなどに変更はなく、実質、エクシーガの系譜にあるモデルでした。

エクシーガ クロスオーバー7は、2018年3月に販売終了。エクシーガとしては、1世代でラインナップから消滅することになりました。

③特徴的なウェッジシェイプが現在でも美しい「アルシオーネ」

スバル アルシオーネ

2ドアクーペの乗用車で1985年に発売された「アルシオーネ」。リトラクタブルライトにウェッジシェイプという特徴的なスタリングを手がけたのは、スバル社員の故碇穹一氏です。

エンジンは、当初、1.8Lの水平対向4気筒のみでしたが、販売不振を脱するため、1987年に2.7Lの水平対向6気筒が追加されました。この2.7Lエンジンを積んだVXおよび1.8LのVRターボには、オートセルフ・レベリングつきエアサスペンションE-PS(エレクトロ・ニューマティック・サスペンション)が装備されたこともトピックです。

ハリウッド映画『ビック』に登場させるなど、アメリカでのプロモーションを大々的に行ったアルシオーネでしたが、売れ行きは期待していたほど伸びず、1991年にはジウジアーロがデザインを手がけたアルシオーネSVXにその座を譲りました。

次ページアルシオーネ SVXとヴィヴィオ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives