「オーライ!」ってどういう意味なの?

「オーライ!」はいつ使う?

ガソリンスタンド

「オーライ!」は、バスガイドやガソリンスタンドの店員さんなどが、クルマを誘導するときに多く使われます。

バスガイドの「バック、オーライ!」は、”まだ下がれる”という合図であり、ドライバーに状況を知らせるために使われています。「オーライ」の間隔は、障害物が遠いときには広く、障害物に近づくと狭くします。工事現場や消防などでも、同様のルールで車両を誘導しています。

一方、発車の際のオーライは、「発車の準備は、すべて完了したので発車してください」という意味で使われています。

また乗車中も、左折の時や、電車線路の横断の時も「左オーライ」という掛け声をかけます。普段、あまり意識したことはないと思いますが、大型バスが左折する際、注意して見るとバスガイドは車両先頭左端にポジションを取り、巻き込みや死角から近づいてくる車両を確認している姿を見ることができます。

しかし、バックカメラやマイクが設置されるようになるにつれ、大きな声で誘導することは少なくなっているようです。

ちなみに笛で誘導する際には、他社や先輩のバスガイドが鳴らしているときには、かぶせて鳴らしてはいけない、という暗黙のルールもあるそうですよ。

オーライの意味とは

バス 駐車場

さて、日本では、クルマを誘導するときにつかう「オーライ」ですが、英語では「all right」となり、本来の意味は、「大丈夫、申し分ない、満足」というもの。感謝や謝罪の際の表現にも使用されます。また文末で疑問形にし、”いいですか?”という意味でも使われます。

ネイティブの方たちにとって、本来の意味から外れている日本人の使う「オーライ」は、「なぜいま、All rightなの?」と感じることが多いそうです。

次ページ自動車に関する和製英語のいろいろ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives