1代限りで販売終了となったスズキの名(迷)車5選

ツイン

スズキ ツイン

「ツイン」は、2003年にスズキが発売を開始した2人乗りの軽自動車です。

全長2,735mm×全幅1,475mm×全高1,450mmというコンパクトサイズの車両重量は、ガソリンのMT車で570㎏!ハイブリッド車でも600kgという超軽量級。エンジンは、自然吸気の直列3気筒DOHCと、それに5kWのモーターをプラスしたハイブリッドの2タイプ。乗車定員は、名前の通り2名でした。

ガソリンのAグレードの車両本体価格は、49万円。価格は安かったけれども人気がそれほど出なかったため2005年に生産終了となっています。現在なら、さながらシティーコミューターとして販売すれば、それなりに需要がありそうにも思えますが、当時、2名乗車の軽自動車は人気が出ませんでした。

スプラッシュ

スズキ スプラッシュ

「スプラッシュ」は、2008年から2014年まで、製造・販売が行われたスズキのコンパクトトールワゴン車です。海外で販売されていたワゴンR+の後継車種として、欧州市場に投入。数ヶ月遅れて国内販売が開始されました。

エンジンラインナップは、1.0L 3気筒ガソリンエンジン、1.2L 4気筒ガソリンエンジン、そして1.3L 直噴ディーゼルエンジンの3つ。プラットフォームは、2代目スイフトと共用し、ボディサイズは全長3,715mm×全幅1,680mm×全高1,590mmでした。

ハンガリーにあるマジャールスズキ社が製造を行い、そこから日本国内に輸入・国内販売されていたモデルで、その後のエスクード、SX-4 S-CROSS、バレーノ(スズキ インディア)といった海外生産車販売の足がかりとなりました。

キザシ

スズキ キザシ

高級4ドアセダン市場を見据えて開発されたモデルが「キザシ」です。2009年から2015年まで製造・販売が行われました。

全長4,650mm×全幅1,820mm×全高1,480mmのボディに、2,700㎜のホイールベースを持つボディは、欧州のDセグメントに属し、VW パサート、BMW 3シリーズ、メルセデス Cクラスなどがライバル。

エンジンは、エスクードに搭載されていたオールアルミの2.4L 直列4気筒を改良。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動モデルの2種類から選択可能となっていました。

スズキのフラッグシップとして期待されたキザシは、日本、北米および欧米市場で販売されましたが、思わしい結果を残すことはできませんでした。2013年に警察署に納入され、覆面パトカーとして活躍しています。

次ページカプチーノ、キャラ…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives