プラス1億円!? 驚異の自動車メーカーと一流ブランドのコラボ

ブガッティ × エルメス

Bugatti Veyron Fbg par Hermès

日本ではあまりなじみのなブガッティという自動車メーカー。その歴史は非常に古く20世紀初頭には誕生し、フランスを拠点にして名だたるグランプリで栄冠を勝ち取った伝説のスポーツカーメーカーです。

現在はフォルクスワーゲン傘下となり、1,001馬力を発生する怪物ヴェイロンで話題となりました。そんなブガッティですが、2008年のジュネーブショーにおいて1台のヴェイロンを展示し話題をさらったのです。

「Bugatti Veyron Fbg par Hermès」と名付けられたヴェイロンは、あのエルメスとコラボレーションによる1台でした。

エルメスのデザイナーが内装デザインを担当し、インテリアに使われる革はエルメスの革製品と同じものを使用。エルメスの職人によるハンドメイド仕上げ、ボンネットトランクさえもオールレザー張りという何ともすごい仕様でした。

その価格はなんと約2億7,000万円。ノーマルのヴェイロンがおよそ1億7,000万円でしたから、なんとも贅沢なコラボレーションです。

ベントレー × ブライトリング

ベントレー ベンテイガ

ベントレーのプレミアムSUVであるベンテイガでも、ある一流ブランドとのコラボレーションが行なわれています。車両本体価格が2,786万円(M19)という超プレミアムSUVのお相手は、ファッションブランドではなくBREITLING(ブライトリング)という腕時計のブランド。

1884年創業の老舗ウォッチブランドで、航空機パイロットたちから絶大な人気を博した名門です。

ベントレー ベンテイガ 時計 ブライトリング

そんなブライトリングがベンテイガのあるオプション製品を担当したのですが、その価格が驚きの2,900万円。ダッシュボードの真ん中に置かれた時計がその正体でした。この時計を担当することになったブライトリングは、なんと超複雑機構のトゥールビヨンで作ってしまったのです。

自動車ブランドのエンブレムが入った腕時計は多いものの、自動車のオプション時計を腕時計メーカーがつくるのはかなり珍しく、しかもそのこだわりぶり(とお値段も)ハンパないコラボレーションです。

次ページ1970年代、昔もコラボレーションがされていた!

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives