1代限りで販売終了となったマツダの名車5選

ツーリングカーレースに投入された「ランティス」

マツダ ランティス

「ランティス」は、1993年に登場したファミリア アスティナの後継車です。海外では、323Fおよび323 Astinaという名称で販売されていました。

搭載されたエンジンは、最高出力170PS/7,000rpm、最大トルク18.3kg-m/5,500rpmを発揮する2.0L V型6気筒DOHCエンジンと、最高出力135PS/7,000rpm、最大トルク16.0kg-m/4,500rpmの1.8L 直列4気筒エンジンの2種類。ボディは4ドアセダンと5ドアハッチバック(4ドアクーペ)のラインナップです。

欧州市場を意識した5ドアハッチバックは、美しいスタイリングと2.0L V6エンジンで注目を集めましたが、マツダの経営不振や、独特のパッケージが仇となり、1代限りで生産終了となってしまいました。

最後のロータリーエンジン搭載車「RX-8」

マツダ RX-8
マツダ RX-8

マツダ社が世界に誇るロータリーエンジンを搭載した4ドアクーペが「RX-8」です。2003年に発売された、最後のロータリーエンジン搭載車になります。

車体サイズは、全長4,470mm×全幅1,770mm×全高1,340mm。エンジンは、13B-MSP型 654ccロータリーエンジンを2つ搭載、最高出力215PS/7,450rpmに最大トルク22.00kgm/5,500rpmのスペックです。

アメリカ合衆国での販売にあたって4ドアが必要であり、なおかつ軽量性も実現するために観音開きタイプの4ドアとなっています。

いくつかのマイナーチェンジを経て、2012年に製造終了となりました。

5ナンバーの美しいセダン「ユーノス 500」

マツダ ユーノス500
ユーノス500

「ユーノス 500」は、1992年から1999年まで、ユーノスチャンネルから販売されたセダンモデルです。

車体サイズは、全長4,545mm×全幅1,695mm×全高1,350mmの5ナンバー。エンジンは当初1.8Lと2.0Lで、いずれもV型6気筒でした。

そのスタイリングは、高い評価を獲得。マイナーチェンジでスポーツ色の強いグレードが発売されるなど、見た目にも性能にもこだわったマツダがほこる名車です。日本国内では1996年に販売を終了、そしてその3年後の1999年に海外での販売も終了しています。

次ページアンフィニ MS-6、ファミリア アスティナ…

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives