おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

欧米でもステイタスの高い7人乗りSUV

日本でも昨今、7人乗りのSUVの人気が高まっていますが、欧米や中国などではすでに7人乗りのSUVは定着しています。家族三世代で乗れるというベーシックな目的もありますが、サードシートを使わない時のセカンドシートの快適性が高いということもポイントです。

海外ではミニバンは“商用車”イメージが強く、SUVとのステイタス性は比べものになりません。乗用車よりもゆったりと快適に長距離移動できる7人乗りSUVは、海の向こうでも憧れの的になっているようです。

BMW X5

BMW X5 2014

さて、最初にご紹介するのは、現在のSUVブームの立役者とも言えるBMWの「X5」です。2000年に初代が登場した時は、BMWが四輪駆動車をつくったということで大変な話題になりました。現在は3代目となり、相変わらずSUVファンの間で高い人気を誇っているモデルです。

走行状態によって適切なロードホールディングに制御するサスペンション類をはじめ、高い走破性を発揮する4WDシステム・xDriveなど、SUVの先駆だけあって、各メカニズムに常に先進的です。一方で、オンロード志向が強く、激しいオフロード走行には向いていないモデルと言えます。

搭載エンジンは3ℓ直6ガソリンターボ、3ℓ直6ディーゼルターボ、4.4ℓV8ガソリンターボ、そして2ℓ直4ガソリン+モーターのプラグインハイブリッド。

サードシートは、40e以外のグレードで、x LineとM sportsのみオプションで選ぶことができます。オプション価格はグレードによって異なっていますが、最も安いのはX Drive 35i x Lineの33.9万円で、車両本体価格と合わせると1,001.9万円。堂々たるプライスです。

ランドローバー ディスカバリー・スポーツ

ディスカバリー スポーツ 2014

さて、BMWのSUV(BMWではSAVと呼ぶ)技術に大きな影響を与えたと言われているのが、ランドローバーです。かつてランドローバーはBMWの傘下にあり、その時期にX5も誕生しています。

ランドローバーと言えば、レンジローバーを頂点とするラグジュアリーSUVのラインナップはご存じの通りですが、その中で最もリーズナブルなのが「ディスカバリー・スポーツ」です。

2015年に登場したモデルで、かつての廉価モデルだった「フリーランダー」の後継車として登場しました。全長4,599mmというコンパクトSUVながら、3列シートがオプションで選べるのが特徴です。サードシートは子供2名用として設定されているため、ニューファミリーにうってつけの1台と言えるでしょう。

エンジンは2ℓ直4ガソリンターボと2.2ℓ直4ディーゼルターボの2タイプ。日常の快適性を考えたオンロード性能の確保はさることながら、ランドローバー車らしいオフロード性能を各種電子デバイスで実現しているのも、このモデルの特徴です。積極的に荒れた道を走りたくなるような、クロスーバーSUVです。

ちなみに最廉価グレードはPureのガソリン車で、車両本体価格は443万円。サードシートのオプション価格は35.7万円となっているので、500万円以下でランドローバーに乗ることができます。コンパクトSUVですが、やはりランドローバーのバッジは魅力ではないでしょうか。

次ページ話題のEVも7人乗り!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives