買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷…そんな時の対応手順

まずは警察に相談する

パトカー

まずは警察に連絡しましょう。

これは、警察による実況見分(現場検証)を行い、事故証明書を作成してもらうためです。事故証明書がないと、車両保険によっては、単独事故とみなされ、保険金がおりないことがあります。車両保険を使って車を修理するためは事故証明書が必要なのです。

警察への連絡は、対人・対物の事故とはまだ断定できないため、110番ではなくその現場を担当する警察署の番号に連絡しましょう。

加入している保険会社へ連絡する

自動車保険

警察への連絡を終えて事故証明書を取得したら、次に連絡するのは任意自動車保険で加入している保険会社です。

犯人が特定できない場合は、悲しくも誰も車の修理を保証してくれません。その場合は、自身が加入する車両保険を使って修理することになります。

外装の交換や板金作業が必要になるほどの大きな損傷はともかく、なかには、ほんの少しの傷だったらDIYで直してしまう方も多いようです。小さなかすり傷程度なら、コンパウンドなどで補修ができるかもしれません。

次ページ泣き寝入りを防ぐために何をすればよいか

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives